2重あご 原因

だんだん、フェイスラインがぼやけてきたと感じる方…

そのぼやけている原因は、あごの脂肪やたるみが原因かもしれません。

人間の皮膚は、全て1枚でつながっているため、重力などが原因で年齢を重ねることにあごもたるんでしまうんです。

しかし、加齢以外の2重あごの原因の多くは、『脂肪』と『たるみ』です。

『脂肪』は、食べ過ぎや運動不足などが原因で太ってしまったことで顎周りにも脂肪がついてしまうことを言います。

あごは、脂肪がつきやすい部位で、比較的、多くの方が2重顎で悩んでいます。

『たるみ』は、脂肪のつきすぎや、加齢などで皮膚が垂れてしまった場合に2重あごになってしまいます。

肌がたるんでしまう原因には、上記の脂肪のつきすぎの他に、コラーゲンの生産量の減少で肌の弾力が保てなくなってしまったり、

肌の水分を保つために必要なヒアルロン酸の減少、肌のハリを保つエラスチンの減少などがあります。

ハリや弾力を保つための成分は、ストレスや紫外線などが原因で破壊されてしまいます。

さらに、加齢によって弾力成分はダメージを受けてしまいますが、30代を過ぎると体内では弾力成分はほとんどつくられなくなってしまいます。

小顔 ダイエット

小顔を目指す方はとても多く、最近では、男性でも小顔を目指す方が多いようです。

単純に小顔を目指す際、体重の増加が原因で、ダイエットを行うのならとても簡単な話ですが、

特に、2重あごが原因で、小顔を目指す場合には、肥満だけが原因ではないのです。

太っている人に多い2重あごですが、痩せている人でも2重あごになってしまうことも十分にあるんです。

脂肪が原因でも、他の何らかの原因でも、2重あごを解消するのに最も効果的なのは、表情筋を鍛える事です。

表情筋は、顔に20種類以上あるといわれる表情筋を鍛えることで普段使っていなかった筋肉の動きで脂肪を燃焼させ2重あごを解消させます。

また、姿勢が原因で、2重あごになってしまうことが多くあるので、姿勢を正しく矯正することも大切になります。

さらに、暴飲暴食を避け、適度な運動で2重あごを防止することも大切になります。

上記で紹介した表情筋を鍛えるには、舌を上下に動かすだけでも十分に顎まわりの筋肉を動かすことができます。

他にも、口を堅くとじて、口角を上にあげるようにし、3秒程度力を入れるだけでも効果があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ