ひざの痛み 原因

ひざの痛みで悩んでいる方はとても多いと思います。

ひざの痛みの原因は、人それぞれ様々な原因がありますが、大まかにいくつかの種類があります。

もっとも多い膝の痛みの原因は、『加齢・体重増加による膝の痛み』になります。

男女ともに30歳を超えると徐々に骨や軟骨、筋肉などの体の組織が衰え始めます。

加齢により、膝のまわりの軟骨が車のタイヤが擦れるように少しずつ削られ痛みを生じることがあります。

また、体重の増加も膝の痛みの原因になり、最大で膝には体重の10倍もの負担がかかることもあるというので驚きです。

加齢とともに体重の増加がみられる女性に多い原因で、関節の破壊や変形などが原因になります。

主に病名としては、『変形性膝関節症』や『膝蓋大腿関節症』、『膝蓋骨不安定症』などなどの病気があります。

また、運動をしすぎることが原因のスポーツによるケガや事故などのケガでも膝の痛みの元になることがあります。

スポーツ外傷は、スポーツなどをしていて膝を痛めてしまったことが原因で膝の痛みからなかなか解放されない状態です。

また、事故でも同様のことが起き、季節の変わり目や寒さとともに痛みがぶり返すなんてこともあるようです。

さらに、膝を使いすぎるスポーツをしていたことが原因での膝のスポーツ障害もあるようです。

スポーツ以外にも、体の中の病気や骨の病気が原因での膝の痛みもあります。

骨の病気で最も恐ろしいのは骨のガンなどで、他にも、リウマチや骨周囲の関節炎などが痛みの元になることもあります。

膝の痛みの原因はさまざまですが、自分の今の膝の痛みを理解することで膝の痛みの改善にも役立ちますので一度膝の痛み原因が

はっきりしない場合には、医師の診察を受ける事をオススメします。

膝 サポーター

膝の痛みを抱えている人の多くは、サポーターやサプリメントなどで膝の痛みの緩和を行う方が多いです。

しかし、いざ膝用のサポーターを購入しようと思うと、『どこの』『どんな』サポーターが良いのか迷ってしまうと思います。

まずは、膝の痛みの原因を知り、原因になる要因、例えば、『寒くなると膝が痛くなる…』、

『膝がカクンとするのを防ぎたい…』、『過去に事故やスポーツで膝をケガしたことがある…』、

『膝がずれたり、力が入らなくなる…』などの膝の痛みの要因によって選ぶ膝サポーターが変わってきます。

まずは、膝の腫れや炎症による熱感、冷えると膝が痛くなるという方には、通常のサポーターがオススメになります。

様々な種類のサポーターがありますが、やはり、温効果があり、取り外しが簡単、洗濯でき、肌に優しいサポーターがオススメです。

サポーターの値段は、1,000円程度のものから5,000円程度のものまで値段は様々ですので、購入前にお財布と相談をしておきましょう。

安価なものだから物は悪い…というわけではなく、それぞれ良し悪しがあるので、購入前に十分に説明書を呼んでおきましょう。

ここで紹介しているサポーターでは、強い痛みのある膝痛の場合には役不足のこともあるので強い膝の痛みがある場合には、『支柱つき装具サポーター』がオススメです。

ケガなどのリハビリ後に使われることの多いサポーターですが、強い痛みで上記のサポーターで効果が得られなかった方も利用するようです。

支柱つき装具は、ソフトタイプとハードタイプがあり、ソフトタイプの方が取り外しが簡単で、ハードタイプは、取り外しは手間がかかるものの、しっかり膝を固定することができます。

どちらのサポーターも多くは、ドラッグストアやホームセンターなどで購入することができます。

1日も早く膝の痛みのない生活を取り戻すために自分の膝に合ったサポーターを選びましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ