皮膚 乾燥

皮膚の乾燥は、多くの場合、乾燥肌と呼ばれ、ドライスキンと呼ばれることもあります。 乾燥肌は、肌の皮脂分泌量の低下や、角質細胞間脂質の減少などによって肌の角質の水分量が低下してしまっている状態のことをさします。 通常、皮膚の水分は、汗をかく発汗や、自然に水分が失われる不感蒸泄と言われる現象で減少しますが、 体の中からの水分や空気中に含まれている水分などによって補われるものです。 しかし、乾燥肌は日本では、秋や冬の乾燥する時期に、空気中の水分が少なく、体内から出た水分すらも乾燥により乾いてしまっている状態や 年齢や、肌の状態によって体内から分泌されるはずの水分が少なかったり、分泌されても保つことができない状態や、 外側から、保湿液や美容液などを付けてもすぐに乾いてしまう状態のことを乾燥肌というのです。 最近では、多くの美容専門店などで簡単に肌の水分量をチェックすることができ、肌や体質、生活習慣などによってさまざまな化粧品を紹介してくれます。 また、病院でも乾燥肌は治療が可能で、顔だけでなく、手や体の乾燥についても相談し、治療を行うことができます。 皮膚が乾燥している状態では、ニキビや肌荒れなどの原因にもなり、季節によっては、足や手のひび割れの原因にもなってしまいます。 また、頭皮も乾燥するもので、頭皮の乾燥が原因で、頭皮のかゆみやふけの原因にもなってしまいます。 頭皮に関しては、使っているシャンプーやリンス、コンディショナーが肌に合わないというだけで、フケやかゆみの原因にもなってしまうので注意が必要です。

乾燥肌の対処方法

乾燥肌の対処方法には、多くの方法があり、『絶対にこれがオススメ』というものがありません。 その理由は、人により乾燥肌の原因が違うことや、肌質の問題もあります。 一般的には、乾燥する時期には、暖房は控えめにし、部屋の保湿を心掛けることや、 お風呂上りには、5分以内に保湿液を付ける事、また、つける量にも注意が必要で、あまり多くつけすぎても逆効果になることもあるんです。 また、タオルでこすりすぎるのも原因になりますので、タオルで肌をふく時には優しくふくことを心掛ける、 さらに、出来る限り紫外線を避け、肌への負担を少なくするなどの方法があります。 しかしこれはあくまで予防する方法で既に乾燥肌で悩んでいる場合には、やはり皮膚科の医師や美容専門店などで相談をし、乾燥肌を治す方法を探すことが最も望ましいです。 最近では、ファンデーションで乾燥を防ぐことのできる商品もあるようなので化粧をする人にはオススメのようです。 赤ちゃんのような肌を手に入れたいと望んでいる方は多くいます。 乾燥肌を対処して美しい肌を手に入れてみませんか?

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ