介護住宅 リフォーム

2012年9月の行われた推計人口によると、65歳以上の高齢者の人口が3074万人となり過去最高になったようです。

そのなかの、要介護・要支援認定者の推移は500万人を超えて10年間で2倍になっています。

最近では、介護難民と言って、介護が必要な人でも介護を受けられない方も多くいます。

そこで、地方自治体や有料の施設などを利用せず、自宅で高齢者の介護を行う方も増えています。

自宅で、高齢者の介護をする場合に、絶対に必要になるのが、介護度の応じた杖や車いす、電動ベットなど様々なものが必要になることがあります。

しかし、全て購入しなくてはならないものではなく、最近では、レンタルもできる介護用品が多くあります。

しかし、忘れてはいけないのは、住宅のリフォームです。

ある程度のことが自分でできる高齢者の介護の場合には、必要ないものもありますが、介護度が上がるにつれてさまざまな設備が必要になります。

廊下の手すりやトイレの手すり、玄関のバリアフリー化や介護でもっとも大変なお風呂のバリアフリーなども必要になります。

場合によっては、住宅そのもののリフォームも必要になることもあるのです。

一部のバリアフリー化だけなら、それほど高額な費用は必要ないかもしれませんが、住宅のリフォームになると、かなり高額な金額になることも少なくありません。

そこで、いくつかの条件を満たしている場合には、バリアフリー化に補助金がおりる場合があります。

条件とは、要介護認定で、要支援・要介護の認定がされていること、

改修する住宅の住所が要介護者・要支援者との住所が同一で本人が実際に住居していること。

助成額の限度は工事費用20万円で工事費用の9割が保険から支給されます。(支給額18万円)

介護が必要になった家族と同居されているご家族は、是非、利用したい制度です。

介護 旅館

日本は、高齢化が進み高齢者が住みやすい環境作りなどを行っている地方自治体が多いです。

介護施設以外にも、サービス付き高齢者向け住宅などが多くたてられていたりします。

しかし、介護難民でなかなか、介護施設などへ入居できない方が多いのも事実です。

そこで、自宅で介護を行っている家庭も多いですが、そのような家庭でもっとも困るのは、外出の時ではないでしょうか?

遠出で、旅行などを行う際も、車いすで入れる旅館やホテルは限られてしまっています。

しかし、最近では、多くの旅館やホテルでは、バリアフリー化が進み、高齢者や車いすの方でも宿泊できる施設が増えてきています。

また、旅行会社でも、介護者や要介護者も楽しめるプランなども販売されています。

なかでも、旅行に、介護士が同行するプランもあり、人気が高いようです。

介護士の旅行代や介護代など高額になることもあるようですが、家族みんなで楽しめる旅行にできるため、場合によってはキャンセル待ちになるプランもあります。

また、介護士が同行しなくても、家族で介護できる場合には、部屋に露天風呂や要介護者用のお風呂など設備が整った宿もあり、安心して宿泊することができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ