コーヒー 豆の種類

コーヒーとは、コーヒーニキの種子(コーヒー豆)を焙煎して挽いた粉末をお湯かお水で成分を抽出した飲み物のことです。

なんと、世界では、石油の次に貿易量の多い一次産品になっています。

生産国は北回帰線や南回帰線の間のコーヒーベルトと呼ばれる約70ヶ国もの国で生産されています。

そしてアメリカや日本を始めとするアジア、ヨーロッパなどに輸出されています。

コーヒーにはカフェインなどの最近話題の栄養素が含まれていて医学的にも、薬学的にも注目されています。

コーヒー豆の種類にはアラビカ種類を中心にして200種類以上あるといわれています。

種類によっては、環境や育て方などによって、適した地域があります。

日本でも代表的なコーヒー豆には『ブルーマウンテン』や『キリマンジャロ』、『ブラジル』、

『コロンビア』、『ジャワコーヒー』、『コスタリカ』、『ケニア』など生産国名がコーヒー名になっているコーヒーもあります。

また、他にも、様々な国で多くのコーヒー豆が世界に流通しています。

日本でも、近年、多くのコーヒー豆が流通するようになり、コーヒー豆ショップなどで様々なコーヒー豆を入手することができます。

コーヒー豆ごとに、さまざまな香りや味わいがあり、コーヒー豆の挽き方やお湯、お水の入れ方でもさまざまな飲み方がされます。

缶コーヒー以外にも、本格的なコーヒーを味わうことのできるコーヒーが近くのコンビニで購入できるようになったのもここ最近のことです。

コーヒーの飲み方としては、『アメリカン・コーヒー』や『アイスコーヒー』、『カフェ・オレ』、『アイス・カフェ・オレ』、

『エスプレッソ』、『カプチーノ』、『カフェ・ロワイヤル』など多くの飲み方がありますが、

国や地域によっては、レモンを入れたり、塩を入れたり、さまざまな飲み方があります。

コーヒー 効果

コーヒーは、日本では一昔前まで、発がん性が高いなどの理由で愛用している人は少なく、特に日本人のイメージとしては

サラリーマンの男性がタバコとセットで連想する方が多かったようです。

しかし、実際には、さまざまな研究の結果、コーヒーには発がん性物質はなく、逆に発がんを抑制してくれる力があるとわかりました。

コーヒーに含まれている成分としては糖類やアミノ酸、タンパク質、脂質、ポリフェノールやクロロゲン酸、アルカロイド、などの成分を含んでいます。

医学的には、コーヒーは、軽度の依存性があることがわかっています。

そのため、コーヒーを多く飲まれる方のなかには、禁断症状として頭痛を起こしてしまう人もいるようです。

しかし、現在のところコーヒーを飲んでいたために大病になったという結果は報告されていないようです。

特に、注目したいのは、コーヒーを飲んでいることで発症を低下させることができる病気があります。

現在、医学的に発表されているのは、パーキンソン病や大腸がん、直腸がん、2型糖尿病などが発症を抑制してくれるようです。

他にも、発症のリスクが低下することが分かっている病気には、アルツハイマー病、肝細胞がん、胆石などがあります。

現在でも、さまざまな研究が行われていますが、逆に発症リスクが高くなってしまう病気は特に発表されていないのです。

他にもコーヒーは、染料や、脱臭剤などでも注目されています。

家庭の主婦でもできる脱臭方法として、電子レンジにお湯を注いだあとのコーヒー豆を入れ数分回すと電子レンジの脱臭をすることができます。

また、市販でもコーヒーの成分を使った脱臭剤を利用している製品も販売されていて注目されています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ