口臭 原因

口臭とは、口の中の細菌が増殖して発生させる悪臭の総称になります。

口臭の文字通りで息などで悪臭が漂ってしまうことを口臭といいます。

口臭の原因は、細菌が主にタンパク質を分解してし発生させるものがほとんどです。

まれに、食べた食材などによって、食材の強烈なにおいがしたり、胃や腸が不調で口臭がする場合もあるようです。

口臭にはいくつかの種類があり、生理的口臭は、空腹時や緊張しているとき、起床時などの唾液の分泌量が減少することで出る口臭のことです。

歯垢や食べ物のカス、舌の汚れなどが原因のことが多いようです。

病的口臭には、口腔内や体の疾患や症状で口臭が出る事もあるようです。

歯周病が進行してしまったときや、虫歯などの口の中の病気が原因でなるものや

胃腸や呼吸器系、耳鼻系、糖尿病でも口臭がしてしまうことがあります。

また、外的要因としては、ニンニクやニラ、ネギなどの食品を食べたことによるものもあります。

さらに、お酒やたばこなども口臭の発生原因になります。

内因的要因としては、口臭がひどいと自分で思い込んだことが原因のことがあります。

ストレスや精神不安なども口臭の原因になります。

また、口臭を気にしすぎて、多すぎる歯磨きなども原因になってしまうこともあるのです。

口臭 対策

口臭の対策でもっとも重要なのは適度な歯磨きです。

食べかす舌の汚れを取ることはもちろんですが、虫歯予防や歯周病の予防にもなるのでとても大切です。

食後にフラボノイドを含んでいる緑茶を飲むことも口臭対策になります。

食後の緑茶が飲めない場合には、複数回に分けてお水を飲むことも重要です。

回数を分けて、お水を飲むことで口の中の細菌の増殖を防ぐことができます。

また、うがいをするだけでも効果があります。

タバコやお酒を減らしたり、やめることも口臭対策になります。

さらに、話をたくさんすることも口臭対策には重要です。

病気が原因の場合には、病気を治すことはもちろんですが、口臭ぬついても主治医に相談してみるのもよいでしょう。

口臭を防いでくれる食品もあるので、健康に害が出ない程度に食事にとりいれるのも効果的です。

『シナモン』や『梅干し』、『レモン』、『レタス』、『パセリ』なども口臭を防いでくれます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ