インプラントとは…

インプラントとは、人口の歯根で歯が抜けてしまったところの骨にネジ(フィクスチャー)を

埋め込んで、そのネジを土台に連結部分であるアバットメントと人口の歯を装着する歯の治療方法です。

インプラントは、他の治療方法と違って、見た目が良く、ブリッジという治療方法とは違うので

歯を削る必要もなかったり、天然の歯と比べても食べ物をかみ砕く能力が高いことや

違和感なく、自分の歯と同じように食べ物を食べる事ができるのがメリットになっています。

しかし、逆に、デメリットとしては、ネジを埋め込むのに手術が必要になることや、

歯の下にある骨の量が少ない場合には、インプラント治療が行えないことがあったり、

インプラント治療後にしっかりと定期健診や毎日の歯磨きなどをしない方には不向きな治療だったり、

一番の問題は値段が高いことや治療期間も長いことが一番のデメリットになっています。

また、インプラント手術失敗してしまうことやかみ合わせに問題が生じてしまったりすることもあるようです。

また、インプラントには多くの種類があり、『ブローネマルク』や『リブレイスセレクト』、『ストローマン』、

『スイスプラス』、『アストラ』、『POI』、『3i』、『カルシテック』、『プラトン』、『AQB』、

『バイコン』、『エンドボア』、『IAT』、『アンキロス』などの種類があります。

歯医者さんによってさまざまな治療方法を行っていたり、大きな病院への紹介状を書いてくれる病院も

あるので、かかりつけの歯医者さんでしっかりと相談することが必要です。

インプラント 費用

インプラントにかかる費用は一般的にネジを埋め込む手術を受けるのに1本あたり25万円前後するようです。

また、連結部と人口の歯を装着するのに1つあたり5万円~20万円くらいがかかるようです。

人口の歯の部分は見た目の良いセラミックの場合には費用が高くかかりますが、

金属の歯を使う場合には、費用は安くなります。

歯医者によってや使う素材によってインプラントにかかる費用は違ってきますが、

トータルでだいたい35万円~45万円の費用がかかるようです。

また、治療にかかる期間は、3か月~1年もの期間がかかります。

なぜこんなに長い期間が必要かというとインプラントのネジが骨としっかりと結合するまでの期間が、

だいたい2か月~6か月かかるといわれています。

さらに、ネジを埋め込む部分の骨を造る治療が必要な場合にはさらに6か月以上もの期間が必要になります。

インプラントの治療方法には1回法と2回法があり、1回法は、手術が1回で済むのが特徴ですが成功率が落ちてしまう可能性があります。

2回法では、手術を2回に分けて行うことで成功率も高くなります。

手術の方法も歯医者さんや、患者さんの状況によって変わるのでかかりつけの歯医者さんと十分に相談する必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ