手足口病 治療方法

手足口病とは、手や足、口の中に水泡性の発疹が現れてしまう感染症です。

エンテロウイルスというウイルスに属するコクサッキーウイルスに感染する事で手足口病になるようです。

特に4歳未満の幼児や乳児に多く発症しますが、6ヶ月未満の赤ちゃんには発症することはあまりないようです。

大人も時折発症するようですが、症状は軽症の為、仕事場などで感染し、大人から小さな子供へと感染してしまう事もあるようです。

手足口病の症状は、腕や手、足や口に水疱疹が出現し、2、3日小豆色やあめ色の斑点になって数日中に消失するようです。

しかし、口の中にできてしまった水泡は、短期間のうちに破れ潰瘍となってしまうことが多いです。

その為、食事をする事もままならず、水分をとるのにも大変な苦痛が伴う場合があるようです。

更に、38度から40度近い高熱が出る事もあるので脱水状態に陥ってしまう危険性があります。

この口の中お痛みは大人にも同様の症状が見られるようで、手足口病の治療よりも、水分補給や栄養補給を十分に行う事が大切になります。

手足口病の治療には、これといった薬はないので、自然に治癒するのを待つ形になるようです。

しかし、高熱が出ていたり、口の中の潰瘍に対する対処療法を行う事はできるようなので、病院を受診しましょう。

手足口病 予防方法

手足口病は感染し、発症してしまうと、人によって症状は様々なようです。

しかし、高熱や口の中の痛みで水分も取れなくなっていまうのは大変な事です。

そこで、手足口病に感染、発症しないために予防が大切になります。

手足口病の予防方法は他の風邪などと同じく手洗いうがいを十分に行い、消毒などをしっかり行う事が大切です。

また、家族に手足口病が発症した人がいた場合には、その人が身に付けていた洋服や使った食器などの十分に消毒する事が大切になります。

更に、感染者は、会社や学校、幼稚園や保育園はお休みし、病院の医師からの指示があるまで自宅で安静にする必要がります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ