夏ばて 防止

夏の暑さのせいで食欲が減退してしまったり、冷たい水分や氷などを取りすぎて体調を崩してしまったり、内臓の機能が低下してしまう症状の総称を夏ばてと言います。

夏ばての症状は、全身の倦怠感や体のだるさ、無気力になってしまったり、何かとイライラしてしまう…

常に熱っぽい、立ちくらみやめまい、ふらつき、体特に足のむくみ、食欲不振や下痢や便秘などが、夏ばての症状になります。

また、その様な症状を夏風邪として、風邪薬を飲んでいても、なかなか治りにくいのも特徴です。

夏ばてで食欲不振や下痢などの症状がある場合には、熱中症や脱水状態になってしまうこともあるので、注意が必要です。

時には、死亡してしまう原因にもなる熱中症には特に注意が必要で、十分な水分やミネラルなどの補給が大切になります。

高齢者や小さな子供、赤ちゃんなどには特に気を使い保護者の注意が必要です。

そんな夏ばてを防止するには、水分を我慢せずしっかりと取る事はもちろんですが、食事もしっかりとる必要があります。

特に、食事では、生ものは、体力低下だけで、食中毒の原因になってしまう事もありますし、体の中を温めるためにも温かい食べ物や火を通した食べ物を食べる事をオススメします。

更に適度な運動も大切で、無理のない範囲で、それほど日が出てないときに、軽い運動をするだけでも良いです。

また、暑い日には、ビールなどのお酒がすすむ方も多いと思いますが、お酒を飲むと利尿作用が働き体の中の水分も多く出てしまいます。

お酒はほどほどに、また、塩分は控えて、お酒を飲んだ後には、十分ま水分補給が必要です。

決して、お酒は水分には入らないので注意して下さい。

夏ばて 対策

夏ばては、人によっては動けないほどの症状が出る方もいます。

小さな子供や乳幼児、高齢者では、夏ばてで食事や水分が十分にとれず、入院してしまう方もいます。

このような辛い夏ばてにならないためにも、十分な対策が必要になります。

夏に使うエアコンは、冷え過ぎてしまうと、自律神経のバランスを崩す原因になるので、適度な温度で部屋を冷やす事をオススメします。

また、冷房の風を身体に当てないためにも扇風機などを活用して風の流れを作り身体の冷えすぎを予防しましょう。

冷房を使いすぎていると、似たような症状で冷房病という病気になってしまう事もあります。

更に、食事も温かいものを食べ、冷たい食べ物や飲み物ばかり口にしないようにしましょう。

夏が来る前に、しっかり運動をして、体力を十分につけ、汗をしっかりかける身体にする事も大切です。

食事、運動などに十分気をつけ毎年の暑い夏を乗り切る身体を作りましょう!!

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ