魚の目 原因

魚の目とは、特に足の裏などにできる皮膚の角質層の異常でできるものです。

表面は、円錐形に皮膚が変わってしまったもので、特徴としてはその円錐状の芯を持つ事です。

その見た目が魚のめに似ているので『魚の目』と呼ばれます。

魚の目は、足の裏の重心がかかる部分や、靴のあたる部分などにできる事が多いです。

魚の目ができてしまう原因は、足に合わない靴をはいている事や姿勢が悪く歩き方が悪い方。

また外反母趾の方や偏平足の方も魚の目ができてしまう原因になります。

更に、女性の多くが悩んでいる冷え性も魚の目の原因になってしまうこともあるんです!

冷え性は、血行不良が原因で冷え性になってしまうので、足の先や足の裏が特に冷たいという方が多いです。

すると、足の先や裏の血行が悪くなり、足の皮膚の角質が硬くなってしまい魚の目が出来てしまう原因になります。

魚の目 治療

魚の目は、皮膚の角質が硬くなり、芯が皮膚の深いところまで進入してしまうものです。

その為、人によっては歩くだけで、体重をかけるだけで、芯の部分が痛く時には歩行すらできなくなってしまう人もいるようです。

特に、女性は、ハイヒールなどをはいて歩くので魚の目が出来やすく、できてしまった部分はとても痛くなってしまうことが多いようです。

新しく出来てしまった魚の目は、市販で販売されている魚の目をとる絆創膏のようなものでとることも可能ですが、時には、表面だけ取れ芯の部分は残り何度も魚の目ができてしまう事もあります。

その為、魚の目の治療には、やはり専門の皮膚科などで治療を受ける事をオススメします。

皮膚科での治療は、主にスピール膏というシールのようなものを医師の指示どうりに患部に貼り、角質層をふやかして削り取る方法が一般的です。

また、軽度の魚の目の場合にはサリチル酸メチルなどを含んでいる薬を魚の目の患部に塗って時間をかけて治す方法もあります。

他にも、レーザー治療や温かいナイフのようなもので魚の目の部分を溶かすように取り除く方法や魚の目の芯だけを取り除く治療方法もあります。

様々な治療は、病院の医師と、魚の目の状況を十分に確認をして、必要な治療を行う事が大切になります。

病院に行く大切さは、他にも魚の目とおもっていたものが、他の病気やタコであるケースもあるので、医師の指示のもと必要な治療を行う事が大切です!

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ