打ち上げ花火 歴史

夏の風物詩の一つと言えば、花火と上げる方が多いと思います。

最近では、マンションなどの集合住宅に居住しる方が増えたり、騒音などを気にして手持ち花火を行う人は少なくなってきています。

特に、公園や川原などでは、花火自体を禁止しているところもあります。

しかし、日本の夏には、打ち上げ花火があり、多くの場所で毎年お祭りや花火大会などが行われています。

そんな打ち上げ花火の歴史は古く江戸時代にまでさかのぼります。

ポルトガル人が火縄銃を日本に伝えてから戦がなくなるまで火縄銃に必要な火薬などは沢山作られていました。

しかし、江戸時代に入り、徳川家康が天下を安定させると、戦が無くなり、火薬などの出番も無くなってしまいました。

そこで、作られたのが打ち上げ花火だといわれています。

そして、日本で初めて打ち上げ花火を観賞したのも、徳川家康だといわれています。

古くから日本人にも愛されてきた花火は、ルールを守って安全に観賞する事が大切です。

打ち上げ花火 火災

打ち上げ花火は関東の東京、埼玉、千葉、神奈川だけでなく日本国内多くの土地で親しまれています。

しかし、打ち上げ花火につき物なのが、火災です。

それほど多くの土地で火災が起きているわけではありませんが、最近では、茨城県堺町の花火大会では枯れ草に引火した打ち上げはなびの火の粉が大変な火災を起こしました。

また、海外では、打ち上げはなびが、地上で引火し、死者も出すほどの事故もあります。

更に、日本では、はなびやお祭りの時には、女性は浴衣など動きにくい格好の方も多いです。

その為、はなび大会は、大きな水辺や川、海などで行われ、花火大会には、消防車などが待機しています。

万が一、花火大会などで火災にあってしまったときには、 大会関係者の指示やアナウンスの指示に従って非難する事が大切です。

身の危険を感じたときには、安全に非難する事が大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ