浴衣の歴史

夏のお祭りの時に、多くの方が着る『浴衣』

風情があり、見ているだけでも、日本の文化や歴史に触れているような気分になります。

浴衣は、古くから日本で愛されたものですが、浴衣は夏に着るのに最適に作られているのです。

昼間は紺地や白地の色の入った浴衣を着ると、暑い日でも涼しげに見えます。

また、紺色を染めるときに使われる『藍』の香りは虫が嫌う事が知られています。

その為、虫が活発に活動する夕方などに『藍』で染めた浴衣で出かければ虫に刺される心配も減ります。

浴衣の起源は平安時代とされ、安土桃山時代には湯上りに肌についた水分を吸い取ってもらうために着ることが一般的だったようです。

その後、江戸時代になってから、庶民も夏によく利用する衣類になったようです。

また、『ゆかた』と言われる言葉は、元々は、『ゆかたびら』の略と言われています。

浴衣 着方

浴衣を着る前に事前に準備しておくものがいくつかあります。

ゆかたはもちろん、浴衣用の帯、腰紐1本、伊達締め、浴衣用の下着、コーリンベルト(ワンタッチベルト)とも呼ばれています。

また浴衣を着たあとに履く下駄やサンダル、バッグなども用意しましょう。

浴衣の着方については、様々なサイトなどで動画や画像を使って説明されているのでここでは省かせていただきます。

最近では、浴衣の着付けが一人で出来ない人の為に簡単に着付けのできる浴衣や浴衣のような洋服も販売されています。

着付けも簡単で、事前に準備する物もセットで販売されていて、更に安価です。

デザインも浴衣よりも可愛く、キレイなものも多いので浴衣の着付けに自信がもてないかたにオススメです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ