耳鳴り 症状

誰でも1度は経験のある『耳鳴り』

耳鳴りには、危険な耳鳴りと加齢などによる耳鳴りと分けられます。

ここでは、耳鳴りについてご紹介しようと思います。

耳鳴りの症状は耳に、『ザーザー』『ゴーゴー』などの低音の音が聞こえたり、『キーキー』『ピーピー』などの高音が自分だけに聞こえるものです。

特に耳鳴りが起こりやすいのは、朝や静かなときにおきるようです。

原因としては、耳の管の周りにある筋肉が痙攣や粘膜に耳の管が触れることが原因の事が多いです。

しかし、中には脳の重大な病気のサインだったり、突発性難聴などの耳の病気が原因の事があるのであまり安易に考えず症状が続く時やいつもとは違う耳鳴りの時には病院での検査が必要でしょう。

耳鳴り 治療

耳鳴りは、一般の方かたからすれば、『気にしすぎ』と思われてしまうこともあったりして、耳鳴りの症状に苦しんでいてもなかなか周りの人に理解されない事もあります。

しかし、原因によっては、めまいがしてしまい日常生活もままならない事もあったり、睡眠時におきる耳鳴りでは睡眠障害を起こしてしまう事もあるんです。

なかなか治らない耳鳴りの場合には一人で抱え込まず、一度、耳鼻科や耳鼻咽喉科などの受診をオススメします。

そこで原因が分からない場合には、症状によっては、内科や睡眠外来、脳神経外科などの受診も必要です。

まず、自分の耳鳴りの原因がなんなのか突き止める必要があるのです。

そこで、原因が分かれば、薬や対処療法などで治療を行う事ができます!

また、原因が分からない場合には、耳鳴りの日記などを付け、耳鳴りの起きる時間やタイミングなどを理解し改善のヒントを探る事も必要です。

更に、肩こりや腰痛が耳鳴りの原因になることもあるので、マッサージをしたり、姿勢の改善に努める事もオススメです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ