生活保護制度とは…

生活保護制度とは、生活に困窮している国民に、困窮の度合いに応じて保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障する制度です。

生活保護の内容には、
生活扶助:主に生活費に関わる部分の保護です。
教育扶助;困窮から脱出するために、何らかの資格取得の為に必要な金額や、子供の教育費などの部分の保護です。
住宅扶助:地域によって金額に差がありますが、一般的に、その地域にあった家賃にあたる部分です。
医療扶助:生活保護者の多くは、何らかの病気などで働く事が出来ない人も多くいる為、医療にかかる部分の保護です。
介護扶助:近年では、高齢者の生活保護者も増えてきていて、その高齢者が利用する介護などにかかる部分の保護です。
出産扶助:生業扶助:葬祭扶助など様々な扶助を組み合わせて、生活保護を受給します。

生活保護を受給するには、福祉事務所などに保護申請書の申請を行い、預金や不動産などの資産調査、年金や就労収入調査、親族などから援助を受けられないか打診するなどを経たのちに保護の要否が判定されます。

昔は、資産調査の他にも、家庭内にテレビやエアコンなど高価な家財道具がある場合には、保護が受けられないことなどもあったようです。

最近ででは、その様な事はありませんが、自家用車などの調査なども行われ、車がなくては生活する事ができない環境以外の場合には、自家用車の保持は認められていません。

生活保護 相談

生活保護は、申請後直ぐに受けられるものではありません。

何度か、福祉事務所などに足を運び、生活の困窮具合を判断したり、調査などに時間が掛かる為、実際に生活保護を受けられるようになるには、申請後1ヶ月から2ヶ月程度かかる場合もあります。

その為、最近の生活保護の申請には、地域の議員などが尽力したり、ホームレスの方などに代わって、弁護士が生活保護の申請を行う場合もあるようです。

しかし、このように善意で申請の代行を行ってくれる人も多くいますがを、生活保護の中から割高な金額の居住費や食費などとる悪徳ビジネスもあります。

最近話題になり、何かとニュースで取り上げられていましたが、このようなビジネスを貧困ビジネスと言います。

多くの金額を取る割りに、住宅も古く、食事も一日に一回など、酷い生活をさせられている方もいるようです。

その様なビジネスには、十分に気をつける必要があります。

生活保護 不正受給

生活保護は、生活に困窮している方が受ける制度です。

その為、十分生活していける預金や資産、給与などがある場合には、生活保護は受給する事はできません。

しかし、中には不正に生活保護を受給する人も多くいます。

去年も多くの逮捕者が出ました。

生活保護の不正受給は様々な手法で不正を行っている人がいて、中には、偽名を使って、生活保護を受給しようとする人もいるようです。

また、偽装離婚をして受給したりと、本当に様々な方法がある為、管理する行政側も大変なようです。

その為、その様な不正を無くすために、地域にいる民生委員などが見回りや、聞き取りなどを行い、不正を無くす努力をしています。

近年では、日本人の不正受給の他に、外国人が日本に来てすぐに、生活保護を受給しようとする人も多くいるようで、大変な問題になっています。

国民の税金を利用している制度なので、不正受給などの不正に利用される金額が少しでも少なくなる事を願うばかりです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ