バレンタイン 歴史

日本でバレンタインと聞くと、愛する人やお世話になった人に女性が男性にチョコレートを送るというのが一般的です。

しかし、ヨーロッパなどでは、男性も女性も関係なく花やケーキなど様々なものを親しい人に送るのが一般的でカードなどを添える事もあります。

国によっては、男性が女性に尽くす日という習慣の国もあり、バレンタインと一言に言っても世界ではまったく違った行い方をします。

バレンタインが始まった歴史は古く、起源はローマ帝国時代にあるとも言われています。

日本にバレンタインの習慣が広まったのは1936年に英字新聞で、バレンタインにチョコを送ろうと記載されていたのが始まりであるというのが最も古いバレンタインの広告です。

しかし、他にも、森永製菓がチョコを購入してもらうために1960年から新聞広告でチョコをバレンタインに送ろうと言った内容の記事を出したことでバレンタインの習慣が根付いたと考える方もいます。

他にも様々な説があり、バレンタインを日本に広めたものは、いまだ断定されてはいません。

1980年代になると、本命の人にあげるチョコ以外にも義理チョコといい、それほど好きでない人にもチョコをあげる習慣が出てきました。

バレンタインに自分用

バレンタインは、好きな人やお世話になった方に、特に女性から男性に送られるものが多かったですが、最近では、女性から女性に…

また、料理上手な男性から女性に、バレンタインデーに何らかのお菓子などがプレゼントされる事も増えてきました。

しかし、アレルギーなどでもアナフィラキシーショックから守る為に、学校などでは、バレンタインのプレゼントを禁止しているところもあるので、あげるときには確認が必要な事もあります。

また、近年では、自分のプレゼント用に、高級チョコなどが多く売れる事もありま。

チョコレートだけではなく、貴金属や、バックなど、自分へのご褒美を用意する人も多くいます。

どのような形でも、愛する人へのプレゼントで始まったバレンタインデーなので、大切にしたい日です。

個人的見解ですが、バレンタインをもらった方は、出来る限り、ホワイトデーでお返しをしてあげて下さいね(笑)

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ