ダニ 症状

ダニは、私たち人間の生活の中でも、多くの場所に生息している動物です。

また、動物の身体に住み着いているダニもいます。

ダニは、世界では2万種類もの種類がいるといわれていて、その多くが、人間の目では確認できないものが多いです。

しかし、種類のなかには、目に見える程度の大きさのものから、血を吸ったあとでは、小さなクモと同じくらいの大きさになるダニもいます。

ダニは、家の中特にカーペットや絨毯などにも生息していますが、中には人間の身体を住みかにしているダニもいます。

また、動物の身体に住み着いているものもいて、種類によっては、住み着かれている本人も、またその身体を見ただけではダニが生息している事を確認できない事が多いです。

そのため、ダニの死骸やフン、またダニが原因で、気管支疾患や喘息などの病気になってしまう方やダニが媒介する病気で亡くなる方もいます。

中でも、特にダニに刺されると、特に多い症状としては、噛まれた部分が赤くなり、痒みを訴える事が多いです。

しかし、中には、自覚症状がまったく無い事もあるので注意が必要です。

ダニ 駆除

ダニの駆除で最も大切な事は、毎日の掃除です。

特に、注意したいのは、犬や猫などの動物を飼育している家庭では、一般的な家庭より念入りに掃除をする事が大切です。

また、ダニは、カーペットや絨毯にしかいないと勘違いされている方もいますが、実は、フローリングでも、畳でも生きていけるダニはいます。

また、何日も同じシーツを使っていたり、布団の掃除をしない家庭でも多くのダニがいる可能性があります。

中には掃除業者が、ダニの専用駆除方法で、ダニを駆除してくれるものを注文するかたもいます。

しかし、安心せず、毎日の掃除で、ダニをしっかり駆除する事が大切です。

ダニの駆除を家庭で行う場合には、掃除機をかける前に、フローリングやカーペットや絨毯の場合には、ローラーなどでまず掃除をしてから掃除機をかけましょう。

また、畳は、しっかりとしぼった雑巾などで、しっかりと畳を拭いてから掃除機をかけることが大切です。

そして、掃除機をかけるときにも、ダニの死骸やフンが宙を舞うことがあるので、窓を開けて掃除する事が大切です。

動物を飼育している場合には、動物のノミやダニ予防でフロントラインなどを病院で受ける事をおすすめします。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ