ハウスダスト 原因

ハウスダストとは、住宅などにある、ほこりやダニ、ダニの死骸やフン、カビなどの総称のことで、アレルギー疾患の原因とも言われるものです。

ハウスダストが原因での病気の代表と言えば、アレルギー性の病気で中でも小さな子供が発症する事の多い喘息や気管支炎などの病気です。

ハウスダストの中でも特にダニが原因である事があり、特に、ダニやダニの死骸、フンは、目には見えないほど小さく、軽いのでちょっとした動きで空気中を漂ってしまいます。

ハウスダストの原因としては、なかなか掃除が出来ない環境だあったり、空気の入れ替えができてないなどが原因としてはあります。

また、昔は、布団を干したときには、取り込むときには、布団たたきで何度も布団を叩いて、ホコリを出す事が大切だっと言われてきました。

しかし、それは大きな間違いで、実は、布団を叩く事で、布団のホコリは出す事もできますが、ダニやダニの死骸、フンは更に細かくされ、小さくなり布団の繊維に絡み付いてしまうのです。

その為、最近では、布団を干したときには、布団を叩かず、布団専用のノズルを使い掃除機で、ハウスダストを取り除く事が最も効果があるといわれています。

病気の改善の為にもハウスダストの原因を無くす事で様々な病気の症状を無くすチャンスになることもあるのです。

ハウスダスト 予防

ハウスダストを完全に予防するのは、専門の医師や建築士でも無理でしょう。

しかし、極力ハウスダストを少なくする事はできます。

特に、ホコリなどは、毎日の掃除で取り除く事ができますが、掃除の時には、窓を開けて、掃除機の排気口が外に向く様に掃除することが大切です。

また、花粉症で困る時期には、花粉が付くのを防止するために、外に出るときにはレインコートなどを着て、部屋に入る前に、コートの花粉をしっかりはたいてから部屋に入ります。 また、洗濯物も、外には干さず、部屋干しが良いでしょう。

また、ダニは、掃除機をかける前にローラーなどでしっかりゴミを取ってから、掃除機をかけると良いでしょう。

そして、布団もしっかりと掃除機の布団用のノズルで掃除すると良いでしょう。

様々なアレルギー症状を改善するために、掃除は大切ですので、家庭ではアレルギー疾患をお持ちの方がいる家庭では、しっかりとした掃除が大切になります。

更に、ハウスダストを予防するための、絨毯やカーペット、壁紙などもあるので、そのようなものを使ってのハウスダスト予防も良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ