乳幼児 おやつ

赤ちゃんのおやつは、いつからどのようなタイミングであげるべきなのか分からない事があります。

離乳食が始まってすぐだと、しっかりと食事が取れなくなってしまうのでは?っと不安になることもあると思います。

しかし、乳幼児のおやつは、食事では取りきれない栄養を取る大切な食事なのです。

一般的に、おやつは、2歳までは10時と15時に2回に分けて適切な量を上げる事が大切です。

その後2歳以降からは、15時のみのおやつで十分ですが、ダラダラ食べの原因になることもあるので量は大人がしっかりコントロールしてあげる必要があります。

おやつを始める時期は、生後5ヶ月からあげても大丈夫なものもありますが、ミルクを飲んでいるうちは、あまりおやつは必要ありません。

しかし、離乳食が、完了してからは、固形の食べ物で栄養の全てを取らなくてはならないので、おやつが必要になるのです。

その時の為に、生後5~6ヶ月程度からおやつを与え口をならしておくという意味で与えるおやつは、赤ちゃん用おせんべいを1枚~2枚程度で十分です。

離乳が完了したら、固形物のみの栄養摂取ですので、しっかりと栄養を取る必要がありますが1日3回の食事では、十分必要な栄養が取れません。

また、赤ちゃんは、身体が小さい割りに、エネルギーはかなり使うので、おやつで栄養補給をする大切なものなので、蒸しパンや果物なども良いでしょう。

おやつ 手作り

乳幼児に与えるおやつは、市販の赤ちゃん用のものあり、手作りのものを与えるのも良いでしょう。

しかし、市販のものでは、アレルギーがあってなかなか与えられないとい方の為に、アレルギー専用のお菓子もあるんです。

また、1歳未満の子供の場合、まだアレルギーがあるかどうか分からないものもあると思います。

そんな時には、大人がしっかりと、子供の様子を確認しながら始めてのおやつは与えるようにしましょう。

また、兄妹がいると、赤ちゃんに勝手に自分のおやつを与えてしまう事もあるかもしれません。

これは、塩分や糖分が高すぎるものもあるので、絶対に注意が必要です。

また、団子など、喉に詰まらせるおやつもあるので、その様なおやつは与えないようにする事が大切です。

更に、子供は、大人と同じものを食べたがる事もありますので、大人と同じおやつは、せめて1歳を過ぎてから与えるのが望ましいです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ