おみくじとは…

おみくじとは、占いの一種で、一般的に神社などで初詣の際におみくじを引く方が多いと思われます。

おみくじは、御神籤、御御籤、御仏籤とも書きますが、どれもおみくじと読みます。

おみくじの内容の種類には、神社によって種類は様々ですが、一般的に、5段階、7段階、12段階の段階別に悪いものから良いものまでおみくじの内容が違います。

最も悪いものが、『大凶』次が『末凶』次が『半凶』次が『小凶』次が『凶』

ここからは、だんだんと良いおみくじの結果になります。

『末小吉』次は『末吉』次は『半吉』次は、『吉』次は『小吉』次は、『中吉』そして、次が最も良い結果の『大吉』になります。

おみくじの内容には、神様からの言葉が書かれています。

段階別の種類で、一喜一憂してしまう方が多いですが、実際には、おみくじに書かれている助言や言葉をしっかり受け止める事が大切になります。

おみくじの結び方

おみくじを引き、内容を確認したら、皆さんはどうされますか??

多くの方が、寺院内に縛りつけてくる方が多いと思いますが、寺院によっては少し違ったりします。

大きく二つに分けると、引いたおみくじの内容をいつでも確認できる様に、持ち歩き、後にお礼をこめて納めるという方法。

もう一つの方法は、良いおみくじは、一端持ち帰り、後日、寺院内に結びつけたり悪いおみくじの場合には、おみくじを結びつけておき、凶をとどめて、吉に転じるようにと願いを混めて、寺院内に結びつける方法があります。

この方法は、寺院や個人によって行い方が違うので、おみくじを引いた後のことは、寺院の方に聞く事が最も良いでしょう。

おみくじを結ぶ場所は、寺院によって、専用の場所を用意しているところもありますが、中には、寺院内の木の枝に結ぶ方もいるようです。

昔は、木の生命力をもらい、願いをかなえられるようにっと言う言い伝えから、木の枝におみくじを結びつける方が多いです。

しかし、木の枝を傷つけてしまったり、枝を折ってしまったり、育成が悪くなったりしてしまう事から寺院によっては、木の枝におみくじを結ぶ事を禁止している寺院もあります。

結びつけず、おみくじを持ち帰る場合には、決して、おみくじを粗末に扱わずに、大切に扱いましょう。

そして、いつかは、必ず、寺院の中におみくじを結ぶ事が大切になります。

この時結びつける寺院は、おみくじを引いた寺院でなくても良いので、決して、ゴミ箱に捨てたりする事ないようにしましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ