お守りとは…

お守りとは、一般的に寺院や社寺で販売されていたり、授与される小さな袋のものでその多くが口を紐で閉じられています。

最近では、パワーストーンや、財布の中に入れるだけのものなど様々あります。

お守りのは、開運や招福といったように、良い事がおきるように身に付けるお守り、

また、厄除けや魔よけよいった悪い事がおきないようにするお守りと種類があります。

このほとんどのお守りは、体に身につけたり、常に持ち歩けるように、小さく作られている事が多いです。

また、大きな物では、守札は、お家や会社などに動かさない場所に置くものもあります。

日本だけでなく、世界でも多くのお守りがあり、国や地域によっては動物をお守りとしているところもあります。

お守りの種類

お守りの種類には多くの種類があり、代表的なものでは『恋愛成就』『安産』『子宝』『健康・病気の治療』『学業』『交通安全』など他にも多くの種類があります。

また、お守りも寺院もそれぞれに特徴があり、恋愛成就で有名になった寺院や、子宝に恵まれるとされる寺院など、日本各地に様々な種類のお寺にお守りがあります。

また、お守りの種類によっては持ち方や飾り方などがあり、それぞれ違っているので、確認が必要になります。

一般的に、神聖な寺院で頂いたり販売されているお守りや守札を飾る際には、手をキレイに洗い正しい方角に飾ったり、日本酒やお水などをお供えしてから持つ事が大切です。

神棚があるお家では、まず神棚に飾ってから、身に付けるなどする事が勧められています。

『恋愛成就』のお守りを持つ場合には、常に持ち歩くことが大切で、定期入れやカバンなどのポケットに入れておくと良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ