離乳食初期の進め方

産まれてから、ミルクしか飲んだ事の無かった赤ちゃんも、ついに、離乳食を始まる年令までくると、まず迷うのが、与える離乳食の量と素材です。

まず、注意したいのが、離乳食を始めると言っても、まだまだ、ミルクから栄養を得ていろので嫌がっているのに無理矢理、離乳食を与える必要はありません。

まずは、10倍程度に薄めた果汁など、飲みやすいものから一口離乳食初期用のスプーンなどで、与えてみます。

きっと多くの赤ちゃんが、スプーンの舌触りと、味に驚き、ベェェっと嫌な顔をする事でしょう。

ですが、毎日一口ずつ与えてあげれば、きっとスプーンにも慣れていずれ、しっかりと離乳食を食べてくれるはずです。

また、少しずつ慣れてきたら、次は緑色の野菜やじゃがいもなどをペースト状にして与えてあげます。

また慣れてきたら、今度は、上あごと舌で潰せる程度の柔らかさの離乳食を進めてみます。

中には、ペースト状の離乳食は食べない子もいるかもしれませんので、赤ちゃんの好き嫌いも良く観察してあげましょう。

離乳食を控える時

離乳食を食べさせる時、気をつけなければならない事がいくつかあります。

最も注意が必要なのが、『肌』の異常です。

離乳食を初めて食べたことで、アレルギー反応が出てしまい、様々なところに発疹が出てしまう事があります。 また、口の中が痒くなってしまったり、痛くて泣いてしまったりする事もあるので、初めてあげる食材の時には、赤ちゃんの体調の変化に気を配ってあげましょう。

そして、好き嫌いもはっきりと表してくれると思うので、嫌いなものは、無理にはあげずに、色々な工夫をして食べやすいようにしてあげましょう。

離乳食を始めると、お腹の中がビックリしてしまい、消化がうまくできず、下痢をしてしまう事もあります。

また、この時期には、風邪をひくことも増える時期ですので、風邪でも下痢してしまう事もあります。

下痢をしてしまったときには、離乳食を控えるか、いつもよりも柔らかくしてあげて、1日に数回に分けて与えてあげるようにしましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ