離乳食 中期の進め方

離乳食も中期にはいると、食べられるものの幅が広がり、離乳食にも色が豊富になり、離乳食作りも楽しくなるでしょう。

離乳食の固さですが、中期頃は、赤ちゃんが舌と上あごで簡単につぶせる固さが理想で、基準は、大人の指先で軽く潰せる程度の固さが良いです。

しかし、離乳食を始めた時期や食事への赤ちゃんの興味の持ちようによっては、もう少し固くても、逆にかなり柔らかくしなければ食べなかったり

っと、赤ちゃんの好き嫌いに合わせて、ちょうど良い固さを見つけてあげることが大切になります。

また、お腹の調子が悪い時や、風邪をひいているとき、下痢をしてしまっているときには、普段よりもだいぶ柔らかくして離乳食を上げることが大切になります。

この時期の赤ちゃんは、ミルク以外の食事から、30%から40%の栄養を摂取するので、毎日同じ内容ではなく、様々な食材を使って、色々な味を覚えさせてあげましょう。

離乳食の食べさせ方

この時期の赤ちゃんは、食事にすごい興味を持つ時期で、大人が使っているスプーンを無理矢理取って自分で食べてみようとしたり…

お皿の中に手を入れて、混ぜたり、全部出してみたり…

と、とにかくヤンチャな行動に出る事が多く、大人もついイラッっとしてしまう事もあるでしょう。

しかし、見たことのないものを目にした時、大人も、においをかいでみたり、触ってみたりするはずです。

赤ちゃんも一緒で、目で見て、匂いをかいで、手で触って、こぼしてみて、食べられるものなのか確認をしているので、満足するまで、遊ばせてあげましょう。

その為、この頃からは、食事の時に付けるエプロンや、テーブル、イスの下にレジャーシートをひいたりして、片付けもスムーズにできるように工夫すると良いです。

離乳食レシピ

中期の離乳食には、多くの食材を使う事ができるようになります。

基本のご飯は、おかゆですが、中に野菜やしらすなどを多く入れてげると良いです。

ご飯の量ですが、無理に沢山食べさせる必要はないので、赤ちゃんが望む量を与えてあげて下さい。

もしかしたら、始めての食材の味に驚いて、あまり食べなかったり、逆にいつもの倍の量を食べてしまう事もあるかもしれません。

離乳食後には、ミルクを飲む子も多いので、食事後にミルクを準備しておくと便利です。

離乳食、中期も後半になると、自分で食べるのも上手になる子もいるはずです。

この頃には、手づかみ食べをさせてあげる意味で、野菜スティックを柔らかく煮て、手でつかんで食べられる様にしてあげると、赤ちゃんも楽しく食事を取る事ができるようになります。

また、食事の内容が増える事によって、増えるのがアレルギーです。

時に、魚、小麦、卵、牛乳などきをつけながらあげなければならない食材も多くありますので、食事後の赤ちゃんの様子を観察してあげましょう。

また、アレルギーは無くても、敏感に何かに反応してしまう子もいるので、卵やほうれんそうなどは少量ずつ与えてあげましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ