お歳暮とは

お歳暮とは、昔は年の暮れに1年間お世話になった方々に贈り物を持参し、その年の感謝を述べていたといいます。

その為、年の暮れ(歳暮)と言う言葉で表す様になっていたといわれていますが、その後、贈答品そのものが、『お歳暮』と呼ばれる様になりました。

本来であれば、お歳暮は、品物を持参し、その年のお礼を述べるのが礼儀ですが、最近では宅配で、デパートなどから送ってもらうことが多くなってきました。

お歳暮のマナーとしては、品物を持って行けない場合には、『送り状』を送るのが、礼儀です。

この『送り状』は、宅配した荷物が届く前に、相手に届く様に送るのが基本で、『送り状』には、日々の感謝やお歳暮を送った事などを書くと良いです。

最近は、手紙などを書かず、メールなどを使って『送り状』を送ったりする方もいるようですが、年の感謝の言葉ですので、心を込めて、日々の感謝を手紙に書いてもるのも良いでしょう。

お歳暮を贈る時期

お歳暮を贈る時期は、12月上旬から12月20日程度までに送ることがマナーです。

万が一それを過ぎてしまった場合でも、年内であれば問題はありませんが、この時には、のしには、お歳暮ではなく、寒中見舞いっとのしに書く事が良いです。

また、万が一年を越してしまった場合には、新年のご挨拶や御年賀と書きますが、喪中のお宅にいはこののしは使えないので注意が必要です。

逆に、お歳暮を頂いた場合には、届いてからなるべく早くお礼状をだすようにする事が望ましいです。

お歳暮で良く悩まれるのが、相手や自分が喪中の場合、お歳暮を贈る事を躊躇する方がいるようですが、お歳暮は、1年間の感謝を送るものなのでお歳暮は贈っても、受け取っても問題ありません。

しかし、初七日が終わらないうちや、法要のある日に持参したりするのは避ける事が望ましいです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ