内祝いとは

内祝いとは、一般的には、お祝いで頂いたものに対してのお返しっと考えている方が多い様ですが、実際は違っています。

本当は、読んで字のごとく、内(自分、家庭の)お祝いと読むので、自分、または家族のお祝い事を親戚や知人の方にもお知らせし一緒に祝っていただく為のことを内祝いと呼びます。

ですから、昔は、内祝いが先に配られ、そのお返しに何かもって行くという事が主流だった様です。

また、出産内祝いの場合には、赤ちゃんの写真や名前などを入れた贈り物をし、赤ちゃんを皆さんにお披露目するという事も兼ねていました。

他にも、内祝いには、退院や引越し、学校の入学などでも地域によっては、内祝いを送っているところもあるでしょう。

しかし、最近では、お祝いを贈っていただいた方へ、内祝いをお返しするという事が増えていますので、先に内祝いが届くと戸惑ってしまう方も多いかもしれません。

内祝いの相場

内祝いの相場は、昔は、親戚や近所の方々に、一緒にお祝いをしてもらう為に、配る物を内祝いと言っていました。

その為、紅白饅頭や砂糖菓子などの縁起の良い物を配る事が多かった昔とは違い、最近では、お祝いを先に頂く場面が多くあります。

その為、内祝いの相場は、まちまちですが、頂いたお祝いの品の半額から3分の1程度の内祝いを贈る事がとても多い様です。

しかし、親戚や家族などから、高額な物をもらったりした場合には、その付き合いに合わせて、内祝いの相場も考えなくてはなりません。

また、内祝いを扱っているお店によっては、のし紙、送料ともに無料の事も多くあります。

お歳暮やお中元の時期に合わせて、普段の値段よりも安く送ることもでき、節約を心がけている方には嬉しい事です。

内祝いの品物

内祝いを贈る際には、昔は、砂糖菓子や紅白饅頭などの縁起の良いものを選んで配っていました。

出産内祝いの場合、最近では、砂糖菓子に赤ちゃんの名前を入れたり、写真を写したりできる技術ができ、多くの方が利用している様です。

また、内祝いは、退院や、出産などの嬉しい出来事が起きてから1ヶ月前後で行う事が一般的ですので、その時期にあったものを送るもの良いでしょう。

長持ちする、紅茶や珈琲の詰め合わせ、タオルなどの記念に残るもの、などが好まれていますが、実際は、記念品よりも、食品や消耗品の方が喜ばれる事が多いです。

内祝いを贈る時期も、退院後も、長期の通院や買い物に行けないなどの事情がある場合があります。

また、出産後、未熟児で生まれてしまうと、時には、1ヶ月程度赤ちゃんだけ入院してしまう事もあります。

時期は、内祝いを贈る方が、都合の良い時期を見計らい送る事が最も良い時期でしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ