視力とは…

目で物を見る時の能力の事ですが、最近良く言われる、『眼力』や『目力』とは別の意味です。

つまり、視力とは、物を見分ける力のことを言うので、物を見分けることができれば、視力がある程度あるっと言う事になります。

この視力は、眼科やメガネやなどで測ることができますが、子供の頃には、学校などで定期的に検査を行っているはずです。

通常、視力は、1.0~1.5程度あり、検査では、5メートル離れた所から『ランドルト環』(Cマーク)の穴が開いている方向を見分ける事を検査として行っています。

メガネやなどでは、『ランドルト環』と、『ひらがな』を見分ける検査を行う事が多いと思います。

視力は、生まれた直後の赤ちゃんにはぼんやりと見えている程度ですが、7歳程度までには、視力がしっかりとしてきて、特に問題がなければ、1.0~1.5程度の視力になります。

その後、40歳程度で、年令による、視力低下や老眼などが始まる事が良くあります。

視力が悪くなる

視力が悪くなってしまう原因には、脳の病気や、目の病気などが原因で、悪くなることもありますが、このほとんどが原因を究明し、適切な治療を行えば回復する事もあります。

この他に、目が悪くなってしまう原因で、近年最も多いのが、生活習慣が原因であることが最も多いっと言われています。

最近、最も多いのが、パソコンや携帯電話の使いすぎ、近くのものを長時間見続けたり、小さな文字を長時間見続ける、暗い場所での読書など、目を極端に使いすぎてしまう事で、目の周りの血行が悪くなったりします。

また、目を筋肉が弱くなってしまう事も視力低下の理由になるので、遠くのものを見たりして、目の周りの筋肉を、適度に使う必要があります。

また、食生活の変化も理由の一つと言われていて、ビタミンAやビタミンB12などが不足する事で視力の低下の原因にもなります。

目が悪くなってしまうと、レーシックなどの治療を受けないと、裸眼での生活が送れないこともあるので、常に気をつけている必要があります。

視力を回復させる

視力が低下し、日常生活では必ず、メガネやコンタクトレンズが必要と言う方は多くいます。

時には、そのメガネのせいで、スポーツや趣味に打ち込むこむ事ができないなどと言う事も少なくありません。

視力回復には様々な種類がありますが、『オルソケラトロジー』の様な、回復までに長期間かかり、何度も特殊なコンタクトレンズの着脱が必要なものもあります。

最近では、『レーシック』っと呼ばれる手術が行われていて、この手術は、角膜の屈折異常を回復させることによって近視や遠視を回復させることができる手術です。

手術時間は、両目で10分程度で、点眼麻酔を行うので痛みも無く、視力は、翌日から回復する事ができる手術ですので、かなりニーズが高まっています。

しかし、手術ですので、合併症や目の状態によっては受ける事ができない事があるので、十分に主治医と相談をする事が大切です。

他にも、国の許可を得ていない工具を使って、視力回復をうたっているところもあるようですが、必ず回復するっと言う保障が無いものが多いので、注意が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ