おせちとは…

おせちとは、重箱に詰められた料理を、年の初めにお祝いとして食べる料理として食べられています。

おせちの由来は、お正月には、年の神が来て新しい年に生まれ変わるという意味や年神は農耕をつかさどる神としても祭られている為、その年の農耕が成功するように、前年の農耕が豊作であった事を感謝する為、年神に供えた料理であったようです。

近年のおせち料理として食べられている様に、重箱に詰めて、食べる様になったのは、江戸時代頃っと言われていて、武家屋敷から広まったっと言われています。

おせち料理には、縁起の良く、日持ちするものが基本となっていますが、最近では、洋風や中華風など、古来のレシピ以外に、食べられる物を重箱に詰めてお正月を迎えるっという家庭も多くあります。

また、おめでたいっと言う意味もあるおせち料理は、喪中の場合、食べて良いのか、分からない場合があると思います。

おせち料理の中でも、『めでたい』っと言った意味のある『紅白かまぼこ』『尾頭付きの鯛』『紅白なます』『赤い海老』などを避ければ、他の日持ちするおせち料理を作って食べるのは問題ありません。

三が日は、年神が来ている為、炊事はしないっと言う意味でおせち料理を食べる様になったという由来もある為、日持ちする物を作ってたべましょう。

おせち料理の意味

年の初めに食べる事の多いおせち料理には、食材ごとに無病息災、子孫繁栄、語呂合わせなど、様々意味から願いなどが込められている料理です。

最近では、洋風や中華風など、伝統的なおせち料理とは異なるレシピも目立つようになりましたが、古くからのおせち料理の意味などを知る事で、おせちの食べ方や選び方が変わるかもしれません。

おせち料理は、昔、冷蔵庫の無い頃から伝わったものなので、味が濃い事が多く、日もちし、旬の食材を使う事が多いです。

・黒豆・
まめ(健康)に暮らせる様に願いから食べる様になった。
黒っと言う色が邪気を払うっと言う意味もある。

・数の子・
たくさんの卵がついていることから、子孫繁栄を願って食べられる様になった。
塩付けにされているので、日もちもする

・鯛・
様々なお祝い事でも用いられる、尾頭付きの鯛は、その名の通り、『めでたい』っと言う意味から食べられる様になりました。

・海老・
腰が曲がった様子から、腰が、曲がるまで長生きできますようにっという願いから食べられる様になった。

・田作り・
江戸時代には、高級肥料として片口いわしが使われた事から豊作を祈願する為に食べられる様になりました。
また、マメ(健康)に暮らせる様にっと言った意味もあります。

・紅白なます、紅白かまぼこ・
紅白の色がめでたい事から食べられる様になりました。

・栗きんとん・
色が黄色いところから、豪華に見える事や、金銀財宝を連想できるため食べられる様になりました。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ