家庭内 赤ちゃんの事故

赤ちゃんが成長し、徐所に出来る事が増えてくると、家庭内での不慮の事故も増加していきます。

その証拠に、残念ながら、1歳~4歳までの子供の死亡原因のトップが「不慮の事故」っとなっています。

そして、その事故の半数が家庭内で起きています。

起きてしまう事故は、年令や赤ちゃんが出来る体の動作で変わってきます。

月齢で、最も多い事故をいくつかご紹介します。

□新生児期:新生児のうちは、自分であまり動くことはできません。

その為の事故が最も多く、布団周りに置いてある軽いガーゼや布団などを顔までかぶってしまって窒息してしまう事故が多いです。

布団以外でも、お母さんが母乳を与える時、寝ながら与える方法も、時に危険な場合があります。

特に夜は、暗いまま母乳をあげるお母さんが多いので、特に注意が必要です。

□寝返り時期:赤ちゃんが成長し、自分で寝返りが出来るようになると、思いもしないところへの移動が可能になります。 その為、赤ちゃんがいる部屋に置いてあるもの全てが、赤ちゃんの遊び道具になる可能性があります。

ゴロゴロっと音も無く動くので、ベッドなどからの転落や誤飲などの事故が急増する時期です。

ベッドで寝かせる場合には、転落防止柵を上げたり、ネットを張ったりする事が大切になります。

そして寝返りを覚えたての頃は、寝返りは出来ても、自分で元の体勢に戻る事ができない事が多いです。

その為、顔がうまってしまい、窒息の危険もあるので、起きている間は、極力、目を離す事ができません。

誤飲では、地面に落ちているものを何でも口に入れてしまうので、毎日の掃除が大切になります。

大人にとっては小さなボタンでも赤ちゃんにとっては、十分窒息の危険に繋がるので、赤ちゃんのいる部屋の床にはなにも置かないのが得策です。

誤飲以外にも、普段から洗う機会の少ないカーテンなども気がつくとなめている可能性があります。

極力、カーテンは、赤ちゃんの手の届かないところで、まとめておくと良いでしょう。

家庭内 赤ちゃんの事故

□おすわり時期:しっかりお座りできる時期になっても、お座りをしている間は、目を離してはいけません。

赤ちゃんの頭は体に比べると大きく、重いので頭から転倒してしまう事が多くなる時期です。

お座りをするときには、周辺にクッションを置いたりして、頭を転倒の衝撃から守ってあげましょう。

□はいはい時期:はいはいが出来る様になると、更に行動範囲が広がります。

親の後をおい、どこえでも行きたがる時期なので、赤ちゃんが行動する範囲の毎日の掃除を小まめに行いましょう。

この時期の事故で増加するのは、誤飲が最も多いですが、ついで、火傷や水周りの事故も増えます。

お風呂などでの転倒やポットなどを倒してしまい火傷を負うこともあります。

お風呂場は、極力、閉め、赤ちゃん一人で入る事が出来ないようにするのが最も好ましいです。

ポットなどは、床に置かないのはもちろんですが、ポットのコードなどをまとめておき、赤ちゃんの手の届かないようにしておくと良いです。

そしてこの時期増えるのが、コンセントなどをなめてしまう事故で、感電などの原因になります。

様々な量販店で、コンセントなどを隠すカバーなどが販売されているので、その様なものでコードを隠し、感電を防ぎましょう。

□たっち時期:赤ちゃんが立つと、以外にテーブルの上など、信じられないところまで手を伸ばすようになります。

テーブルの上に置いておいた、灰皿や化粧品、電池などの誤飲の事故が急激に増える時期です。

特に、タバコは、赤ちゃんの前で吸っているっと口に入れても良いものだっと思われてしまうので、赤ちゃんの前での喫煙は避けましょう。

そして、冬の時期は、ストーブなどでの熱い場所に触れてしまう事故も増えます。

ストーブの周りに近づかない様に柵を作ったりっとする必要があります。

最近ではめっきり減りましたが、シュレッターなどで指を切断してしまう事故もこの時期に多いので、注意が必要です。

□離乳食時期:上に兄妹がいる家で最も多い事故で、離乳食を食べ始めると、兄妹からお菓子などまだ赤ちゃんには食べられないものを上げてしまう事があります。

口の中で融けるクッキーなどであれば問題は無いかもしれませんが、飴やガムなどの誤飲にも繋がるので、兄妹にも食べられるものとそうでないものを教えておく必要があります。

この様に、多くの事故の危険が毎日の生活の中に隠れています。

未然に防げることは、全て大人が十分に注意していれば防げる事ばかりなので、気をつける必要があります。

また、万が一、何かを誤飲してしまった場合には、必ず、直ぐに病院で診察をしてもらう事が大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ