フランス料理

フランス料理は、日本では「フレンチ」っと呼ばれ昼食や夕食などに食べられている料理です。

フランス料理の歴史は、実はフランス料理ってイタリアから持ち込まれたものと、昔からフランスで愛されている郷土料理などの種類があります。

高級なものでは、フランス宮廷料理で、庶民には手の出ない食べ物でした。

フランス料理っと言えば、まず思いつくのは、「フランスパン」、「フランスワイン」「フランスチーズ」などあると思います。

フランスパンは、フランスのパリが発祥の地で、今でも多くの新しい種類のフランスパンが登場する程、人気のあるパンで、日本やフランスの植民地だったベトナムやラオス、カンボジアでも食べられています。

フランスパンの特徴っと言えば、硬さが最も大きな特徴っと言えます。

フランスパンには、「バケット」「ブール」「パン・ド・カンパーニュ」などの種類がありますが、どれも卵や砂糖などを使わないで作ります。

フランスワインは、フランスで作られたワインの事ですが、フランスでは多くの地方で、様々なワインが作られています。

中でも、日本でも良く飲まれているのが「ボルドーワイン」で、世界的にも有名なワインの名前で、ジロンド県全域で作られたワインのみが、「ボルドー」を名乗る事ができます。

フランス料理 マナー

フランス料理のマナーには、食事をするクラスなどによって変わってきます。

最近、ドレスコードでは、一般的にそれほど厳しいドレスコードはありませんが、記念日などに予約をして食事する際には相手に不快な思いをさせない為にそれなりの服装に気をつけましょう。

それ以外の場合には、ジャケットなどを着る程度でも構いませんが、難しく考えずスーツでも大丈夫です。

そして、絶対に忘れてはいけないマナーが、「レディーファースト」で、必ずイスに座る時には女性から座るのがマナーです。

そして、座る位置も、女性が上座に座るのがマナーですが、一般的には、お店の方が案内してくれてくれるので、それに合わせて座る様にして下さい。

イスに座る前には、左側に立ち、男性は、女性が座るまで待ち、女性も座る前には必ず左側から座る様にしましょう。

その後、食事前には、テーブルに置いてあるナプキンを半分に折り、膝の上に乗せます。

ナイフやフォークの使い方は、外側から順番に使う事が基本で、食事の順番通りにフォークやナイフが並べられています。

飲み物のワインなどは好きな物があればその好きなものを頼む事がもっとも好ましいです。

もし、特に無ければ、その日の気分や食事をしたい内容などから一番合っている飲み物をお店の方が出してくれるので聞いてみるのもお勧めです。

そして、メニューを決めるときにも、お店の方の意見を参考に決めても何の問題もありません。

お店によっては、食事の内容などを教えてくれたりするのでかなりオススメですよ!

そして、良く、スープを飲むときのやってしまうマナー違反が、音を立ててスプーンですくったり、音を立てて飲むのは厳禁です。

スープのすくい方は、手前からスプーンを入れて、食器とぶつからないようにスープをすくいます。

他にも食べ方にマナーがあるものもありますが、ほとんど、スプーンやフォークなど使い方さえ覚えていて、順番通りに食器を使っていれば特に問題はありません。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ