イタリア料理

イタリア料理は、イタリア発祥の料理ですが、種類によっては古代ローマ時代に愛されていた料理が基盤っとなっているものもある料理です。

最近では、日本でも、高級イタリア料理店から、安価で美味しく本場イタリアの様に食べられるお店など様々なあります。

日本では、イタリア料理は、「イタ飯」「イタリアン」んどとも呼ばれ、多くの人の愛されている料理です。

イタリア料理の特徴は、オリーブオイルやトマトなどが多く使われる事が特徴です。

また、ヨーロッパではあまり食べられていないタコやイカなどの魚介類も使う事があり、これはイタリアの地域によって使う食材が分かれているようです。

昔からイタリアでは、食事を大切にする習慣があり、1度の食事に2~3時間もかける場合があります。

そこでイタリアで、日本でも愛されている料理の一部をご紹介します。

□ピザ
平らに伸ばしたパン生地に、様々な具材やチーズなどを乗せて専用の窯などで焼いた料理で、イタリアでは軽食として食べられていることが多いです。 ピザの種類には「マルゲリータ」「ボスカイオラ」「マリナーラ」「ナポリピッツァ」など様々な種類があります。 □パスタ
小麦粉を水で練って作った麺類で、基本的にはスープと組み合わせる事が多いようです。

地域によって、使う具材が変わってくるので様々な名称があります。

「スパゲッティ」「ペンネ」「ラザニア」「マカロニ」「ニョッキ」

この様に、パスタっとは思えないものも、パスタの種類に入る他、「グラタン」もパスタの一部なんです。

他に、「リゾット」や「パン」「サラダ」や「魚や肉料理」など多くの種類の料理があり、高級なレストランでは決まった順番で料理うぃお運んでくれて冷める事なく美味しい常態で食べる事ができます。

イタリア料理 マナー

イタリア料理のマナーで、最も大切なのは、楽しく食事をする事で、イタリア人は食事の時間を大切にする方々なので、イタリア料理を食べるときには楽しく食べましょう。

安価なイタリア料理店では、特に厳しいマナーは無いように見受けられますが、高級なイタリア料理店では、決まったマナーがあるので注意しましょう。

イタリア料理を食べる際には、フォークやナイフ、スプーンなどが綺麗に並んでいるのを目にしたことがあると思います。

この並んでいる食器は、1品ごとに変えるのが基本で、外側から順番に使っていきます。

順番は、お店が出す料理の順番通り並んでいるので、好きなように並び替えたりしてはいけません。

そして、良く、見受けられる、パスタをスプーンを使って食べている人を見たことがあると思います。

基本的に、スプーンを使って食べるパスタはスープパスタなどで、本場イタリアではフォークだけで食べていることが多いです。

その為、お店によっては、パスタを食べる時に、スプーンが用意されていない場合がありますが、決して、スプーンを使ってパスタを食べる事はマナー違反ではないので好きなように食べて構わないようです。

ただ、注意したいのは、スープパスタの場合、スープをすすって飲むのはマナー違反になります。

音を立てないように食べるのが、正しいマナーになります。

そして、ピザを食べる場合、本場のイタリアではピザは熱い料理なので、手では食べません。

ナイフやフォークを使って食べているようですが、これも、基本的にはどちらでも構わないようですので、食べやすいほうで食べて下さい。

また、ナプキンが食事前にテーブルに並んでいると思います。

このナプキンは、食事中を拭くために使うので、二つ折にして膝の上におきます。

折るときには、少しずらして折ると、口を拭いた後、膝に戻した時に、汚れた部分が見えなくなるので、良いでしょう。

そして、席を立つときには、軽くたたんでイスなどにの上に置きます。

そして、食事が終わった後には、テーブルの上に置けば食事が終わったっと言う合図になります。

食事が終わった後の合図は、他にもあり、ナイフやフォークをお皿の上に右端に置いておくとその料理を食べ終わった合図になるので、次の料理が運ばれてきます。

日本料理では、あまり、テーブルなどを汚さないように、注意するかと思いますが、イタリア料理の場合、ナプキンやクロスを汚しても問題ありません。

そして、始めての海外旅行で間違えてしまいがちなのが、ドレスコードです。

日本のイタリア料理店には、特にドレスコードなど考えていなかったかもしれませんが、海外や高級なイタリア料理店では、ジャケットなどを着用しないと入れないお店があります。

それほど厳しくないところも多いですが、食事をする前には必ず、お店でのドレスコードを確認する必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ