赤ちゃんのアレルギー

アレルギーは、近年、増えているってご存知でしたか?

特に、近年、日本人の3割以上がなんらかのアレルギー疾患を持っているっと言われています。

この他にも、病院には受診しなくっても大丈夫な程度のアレルギーをお持ちの方の数はこれ以上っと言う事です。

また、小児喘息にいたってはたった20年の間に患者数が20倍に増えている事がわかっています。

そのうち、生後間もない頃から、アレルギー疾患をお持ちの赤ちゃんも増えていて、出産後、アレルギーのお陰で、生活環境を変えざるを得ない家庭も多くいるようです。

単にアレルギーっと言っても、様々な種類があり、「気管支喘息」「アトピー性皮膚炎」「鼻炎」「食物アレルギー」「紫外線(日光)」「黄砂」などの多くの種類のアレルギーがあります。

「食物アレルギー」では、本当に多くの種類があり、「まさかこの種でもアレルギーが?」っと驚かれる場合もあるようですが、ほとんどの食材でアレルギーがあるので、症状が出始めたら、血液検査などでアレルギーの特定をする必要があります。

特に、3大食物アレルギーっと言われるのが、「卵」「大豆」「牛乳」ですが、その症状は、人それぞれ違い、口の中がかゆくなる程度のものから、窒息死にいたる場合もあります。

赤ちゃんのアレルギーには、「ミルクアレルギー」っと言われるアレルギーもあり、通常のミルク缶のミルクを飲む事ができない赤ちゃんがいます。

「ミルクアレルギー」の症状は、喘息の発作が出る、下痢が出る、耳が赤くなる、全身に発疹が出たり、嘔吐してしまう場合もあります。

粉ミルクを飲んで上記の様な症状が出たら、ミルクアレルギーの可能性があります。

必ず、医師の診察を受けて、適切な診察と検査を受ける様にしましょう。

他にも、赤ちゃんに食物アレルギーがある場合、母乳で育てていると、そのアレルギーの食品をお母さんも口にする事はできません。

細心の注意が必要で、アレルギーが原因で、母乳で育てるのを中止し、粉ミルクなどに切り替えるお母さんも多くいるそうです。

この様に、赤ちゃんがアレルギーがある場合に、各粉ミルクメーカーでは様々なアレルゲンの排除を行ったアレルギー用の粉ミルクを販売しています。

ミルクアレルギーや大豆アレルギー、牛乳アレルギー、小麦アレルギーなど各社で様々なアレルギーの赤ちゃんの為の粉ミルクが開発、販売されているので親は安心できると思います。

しかし、問題なのは、アレルギー用の粉ミルクだと費用が高そう…っと思われる方もいるでしょう。

高いものでは、8000円を超えるものもあり、高価ですが、安価なものでは、3000円程度で購入する事ができます。

どのアレルギーに対する対策が行われているかは、ミルク缶に表示されているので確認する事が必要です。

様々な企業からアレルギー用粉ミルクを選べるので、赤ちゃんにあった、家計にも安心のミルクを購入する事ができると思います。

アレルギー 離乳食

赤ちゃんにアレルギーがり、粉ミルクを飲んでいるときには、粉ミルクにさえ気を使っていれば安心できましたが、離乳食が開始される時期になると、アレルギーを発症していないお子さんをお持ちの親も心配になる事が多く増えると思います。

すでにアレルギーを発症している子の場合には、アレルギー物質を摂取しなければすんでしまいますが、そうでないと手探りで一つづつ食材を試していくしか方法はありません。

粉ミルクの時には何も問題が無かったのに、離乳食に切り替わった瞬間から、牛乳、卵、大豆などのアレルギーを発症する事も稀ではなありません。

食物アレルギーの症状としては、口の中が痛がる、痒がる、嘔吐や下痢、喘息などがあり、気管の狭い赤ちゃんはちょっとした喘息でも息が出来なくなってしまう事もある恐ろしいものです。

この様な症状が食後1時間以内に出てきた場合には、アレルギーである可能性が高いので医師の診察を受ける様にして下さい。

特にアレルギーが心配な場合には、離乳食を始める時期を遅らせることも良い対応だと思われます。

赤ちゃんは、消化器官や腸がまだ未熟な為、アレルギーを発症してしまう場合があります。

しかしどの様な場合でも必ず医師に相談をして必要な対応を行う様にしないと、栄養が偏ってしまいます。

また、離乳食を与える場合には、十分んい加熱されたものを食べさせることも対策にはなる様です。

そして、赤ちゃんのアレルギーで最も多いのは、卵アレルギーの為、卵を離乳食に加えて与える場合には、1歳を過ぎたくらいを目安にする事も良い方法だと思います。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ