大豆の栄養について

大豆は、昔から栄養価の高い食品として注目を浴びていますが、実は日本人はそれほど大豆を食べていないのが現実です。

とても、栄養価が高いのに、大豆を食べない理由、一つには、調理の仕方に問題があったりします。

昔は、黒豆や小豆、大豆などのお豆の煮方を、親や祖母などから教えてもらったものです。

しかし、食べられる様になるまでに、半日~1日かかるので、仕事を持っている方が煮付けるのは難しいです。

その為、スーパーなどで売られている豆を購入する人もいる様ですが、中には、「グニャ」っとした食感が苦手で食べない方もいるでしょう。

ここでは、そんな大豆の栄養価を新ためて知り、大豆の美味しい食べ方をご紹介したいと思います。

まずは、大豆の栄養についてですが、本当に栄養が豊富な食材で、特に注目を集めているのが、人の体に必ず必要な「必須アミノ酸」が含まれています。

その他にも脂質、炭水化物、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンEなどが含まれています。

更に、妊娠中や、妊娠を希望している人が特に食べる様に勧められる、「葉酸」も豊富で、妊婦さん、授乳中のママ、妊娠を希望している方などにお勧めです。

また、「食物繊維」が豊富な為、慢性的な便秘に悩んでいる方や、腸内環境を良くしたい方にもお勧めです。

この様に、たくさんの栄養素が含まれている大豆ですが、なかなか、接種する事が、難しいっと言う方は、朝、1杯のお味噌汁を飲んだり、朝ごはんに納豆を付け加えるだけでも良いでしょう。

また、最近では、大豆の栄養素を含んだ、サプリメントも登場していて、かなり売れているようです。

大豆があまり好きでない方も、サプリメントなら摂取する事が可能になりますので、是非試してみて下さい。

また、簡単な摂取方法では、枝豆や青豆、粉末状のものなどあり、様々な形で摂取する事ができます。

大豆の美味しいレシピ

大豆の栄養素は、もう理解していただいたと思いますので、ここでは、美味しく食べられる大豆レシピをいくつかご紹介します。

是非、美味しく大豆を食べて、健康になってください。

□大豆の水煮
昔から日本人に愛され、食されてきた大豆の水煮。

最近では、スーパーなどでも惣菜として販売されていたり、冷蔵庫の中に保存すると長持ちできる様、加工してあるものなどあり、今でも絶大な人気のある大豆料理です。

用意するものは、「大豆」「人参半本~1本」「しいたけ2~3枚」「たけのこの水煮」「こんにゃく半~1袋」「お水1カップ」「砂糖大さじ1」「みりん大さじ1」「お醤油大さじ1」

大豆は、煮てある缶詰などが使いやすく、こんにゃくは、事前にあく抜きを行います。

乾燥しいたけの場合は、水で戻して下さい。

お好みで、しいたけの戻しただし汁を使ってもかまいません。

まず、材料を全てサイコロ状、大豆の大きさ程度に切ります。

全て、切れたら、「人参」と「お水」を入れて煮ます。

その後、「こんにゃく」「しいたけ」を入れて更に煮ます。

「人参」が柔らかくなったら「たけのこ」「砂糖」「みりん」を入れます。

その後、「大豆」を入れて、「醤油」を入れ、お好みの味になるまで煮ます。

すると、「大豆の水煮」の完成です。

□様々な料理に大豆を入れる
子供さんがいる家庭で悩みなのが、大豆の水煮など、野菜しか入っていないと、食が進まない、または食べてくれないっと言った子がいるはずです。

その様な場合には、ハンバーグなどに、みじん切りにした大豆を入れてみてください。

この場合には、「大豆」以外にも「枝豆」や「青豆」などでも代用できるので、是非試してみて下さい。

食感を楽しみたい方は、少し大きめに、食感が気になる方は、ミキサーなどで、細かくしてしまえば、気になりません。

更に、「赤飯」を作る要領で、「黒豆ご飯」っと言うものも作れます。

もち米が無くっても大丈夫だし、赤飯の様に、ご飯に色が付くので子供も楽しんで食べる事ができるはずです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ