離乳食の進め方 揃える用品

生後5ヶ月程度までは、ミルクと多少の果汁、ジュース、白湯しか飲んだ事が無かった赤ちゃんが始めて口にするご飯を離乳食っと言います。

離乳食は、赤ちゃんがある一定の時期になり、ミルク以外の食品から栄養を摂取する為に必要なもので、月齢や赤ちゃんの状態によって食べられるものも変わってきます。

まず、基礎知識として必要なのは、赤ちゃんは、今まで哺乳瓶以外での栄養摂取は初めてっと言う事です。

初めてのスプーンやスープ、ご飯などに驚いて、口の中に入ってきたものを出してしまう事もありますが、決して怒らず、これも成長の為だっと理解してあげて下さい。

その為、離乳食を始める前にいくつか用意する必要のあるものがありますので、ご紹介します。

□赤ちゃん用スプーン:赤ちゃんの小さな口に合わせた、小さなスプーンと、離乳食を与えやい形状のスプーンがあります。

どちらでも構いませんが、赤ちゃんが食べやすいスプーンを選びましょう。

□赤ちゃん用お皿:赤ちゃん用のお皿は、今後、離乳食が進んで、離乳した後も使える、プラスチック製品がお勧めです。

落としたり、叩いたり、赤ちゃんは、親が想像もし無い事をしてしまうので、落として割れてしまう食器は離乳食期には不向きです。

□赤ちゃん用エプロン:赤ちゃんは、上記でも申し上げた通り、食べされられたものを全て出してしまう事があります。

上手に食べられる様になってもボロボロとこぼしてしまう事もあるので、洋服や床を汚さない為に必要になります。

赤ちゃん用品が置いてあるお店などで販売されていて、布製のものもありますが、ビニールで出来ているエプロンだと、洗うのも簡単なのでお勧めです。

この3つを用意したら、離乳食あげてみましょう。

離乳食 始める時期

離乳食初期のは生後5ヶ月~6ヶ月の時期で、「ゴックン期」っと言われ、スープや飲み込みやすいものを離乳食としてあげましょう。

離乳食初期からあげることのできる全粥のようなものからではなく、お味噌汁のお味噌を入れる前のスープの上澄みなどをあげると良いでしょう。

始めは、1日1口から、徐所に数口ずつ増やしていき、スープに慣れ始めたら、全粥をあげるようにします。

決して、無理をさせず、赤ちゃんの様子を見ながら、あげて下さい。

まだ、お座りが出来ない赤ちゃんも多いと思いますので、必ず頭を上げた状態で離乳食を与えて下さい。

その後、生後7ヶ月~8ヶ月ごろを「モグモグ期」っと言い、飲み込む以外に歯茎や舌などで多少のものをすりつぶしながら食べる事ができる様になる時期です。

この時期は、全粥から、多少のご飯の粒が残る程度のものや、ドロドロのペースト状のものを食べられる様になるため、食の幅が多少広がります。

多くを与え、いろいろな味を覚えてもらうのにも大事な時期ですが、味付けは、まだまだ、薄くする必要があります。

基本的に味付けはせず、素材の味を赤ちゃんに知ってもらいましょう。

この時期には、赤ちゃん用ヨーグルトなどを与えられる時期ですが、決して、冷たいものを与えないであげて下さい。

生後9ヶ月~11ヶ月くらいになるとそしゃく機能が発達してくるので、大人とほぼ同じ噛み方が出来るようになります。

が、まだ、力は弱いので歯茎でつぶせる程度の柔らかさの物を離乳食として与えます。

回数も1日3回を食事のベースとして、ミルクも数回与えてあげます。

1歳~1歳6ヶ月頃になると、「パクパク期」っと言われ、食べる楽しさを学んできています。

一人で食べたがる事もあるでしょうが、まだ一人で上手に食べる事はできません。

1歳を過ぎると、離乳が完了する赤ちゃんもいる為、完全に離乳食とおやつだけで栄養を取る為、十分に栄養のバランスを考えてあげて下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ