在宅介護の現状と費用

在宅介護とは、病気や高齢を理由に介護が必要になった方(要介護者)を自宅で介護する事で、高齢者社会になり、老人ホームに入居待ちの方などを一時的に介護している家庭も多くあります。

要介護度にもよりますが、在宅介護を行う場合、介護用品の購入や、家のリホームなどで多額のお金がかかる事があります。

まずは、在宅介護を行う際に必要な用品とかかる金額をご紹介します。

□移動に必要な介護用品
・杖・一人での歩行は出来るものの、支えが必要だったり、リハビリなどでも使われる用品です。

折り畳み式で、保管に便利なものから地面に付く面が4点で支えてくれて、歩行が困難になりつつある方にお勧めの商品など様々あります。

値段も、商品によってまちまちですが、安価なものでは、3000円程度から、高級なものでは数万円するものもあります。

利用者の手になじみ、歩行を行いやすくできるものを購入する事がお勧めです。

・車椅子・立ち上がる事ができない要介護者に必要な用品で、歩行に自信の無い方が遠出する際にも利用できるものです。

病院にあるような、折り畳み式で自走式の車椅子や自動の車椅子など様々な商品があります。

家族が必ず押してくれるなどのサポートがあれば自走式の車椅子でも問題ないでしょうが、一人で車椅子を移動させる機会が多い場合には、自動車椅子の購入をお勧めします。

しかし、車椅子の値段は、自走式車椅子でも50000万円程度する物から、電動アシスト付き車椅子では30万円ほどするものがほとんどで、購入が困難な家庭も多くいます。

その様な方の為に、レンタルもできるサービスがあるので、是非、地域包括支援センターなど、介護の相談ができる場所で相談してみてはいかがでしょうか?

□自宅で必要な介護用品
・介護ベッド・介護ベッドは、ニトリなどの家具屋さんで購入できる安価な手動で段階を決められるものから、全自動で寝たきりを防止するものまで様々な商品があります。

どちらも、寝たきりを防いだり、転倒防止、転落防止柵などが付いていますが、介護度によって、購入する商品は変わります。

ベッドも安価なものでは、10万円前後で購入できるものもありますが、高価な全自動ベッドでは30万円以上するものもあります。

介護度が高く、全自動ベッドが必要な場合、ベッドのレンタルも出来るので、専門店などでご相談下さい。

・入浴関連・高齢者の入浴中の転倒事故はとても多く、居宅介護を行う際には必ず必要になる用品です。

入浴椅子やシャワーベンチ、バスマットなど安価なものは、数千円から購入する事ができます。

が、入浴リフトなど、寝たきりの方の為に必要な入浴用品は、30万円前後するものもあり、なかなか購入する事ができない場合には、リフトもレンタルが利用できたり、デイケアを行ってくれる施設から持ち込んでくれる場合などがあります。

購入前に、利用する訪問介護事業所や介護事業者に確認する必要があります。

この他にも、自宅、階段に手すりをつけたり、お風呂、玄関などの段差を無くす、リホームが必要な場合もあります。

その様な際には、地域にある、地域包括支援センターなどで、相談をしてみましょう。

他に、食器やおむつ、衛生用品、介護しやすいねまき、靴や尿器、人によっては、吸入器なども必要な場合があります。

自宅・居宅介護を行おうっと思っている方は、是非、入院中の病院や、介護事業所、地域包括支援センターなどと連携して様々な悩みを解消し、要介護者が生活しやすい環境を整えてあげましょう。

在宅介護の支援事業

在宅介護では、自宅で、介護を行う為、仕事や趣味、楽しみなどを無くしてしまう介護者が多く、特に最近問題なのが、老老介護です。

老老介護とは、要介護者が高齢者、介護者も高齢っと言うもので、最近では、介護者が自宅で亡くなってしまい、要介護者も身動きがとれない為、そのまま、餓死してしまうっと言う事故が多く報道される時代になりました。

その様な、悲しい事故を防ぐ為に、地域包括支援センターの方が、一定の時期に見回りを行ってくれたり、ボランティアで、介護者や要介護者の様子を見に来てくれる民生員などの活動があります。

しかし、現在の現状では、全ての要介護者の自宅を訪問したり、相談にのるのは、とっても厳しく、全ての在宅介護者の自宅を訪問できていないのが現状です。

その為、一部有料にはなりますが、在宅介護の支援事業を行っている会社やNPOなどが活躍しているので、その一部をご紹介します。

□通所リハビリテーション事業
要介護者が、老人ホームや病院などに通い、リハビリテーションを行ってくれる事業です。

□ショートステイ
要介護者が、短期間老人ホームなどに入所する事で、月数回の利用や年数回の利用などできるので介護者の負担を数日でも減らす事ができます。

入所時には、入浴介護など、介護サービスの他に、リハビリなどを行ってくれる施設もあります。

□訪問入浴介護事業
自宅に介護職員が訪問して、浴槽を提供し、入浴介護を行ってくれるサービスです。

介護の中で、もっとも重労働なのが、入浴介護で、事故なども多い為、専門の介護職員が入浴介護を行ってくれるこの事業を利用する人が多くいます。

□訪問看護事業
医師の指示に基づいて、看護を行う事の出来る人が、自宅を訪問し、健康チェックなどを行ってくれたり、吸入方法などの助言をしてくれたりと、要介護者の健康維持の為のサービスを行ってくれます。

この様に多くのサービスがありますが、中には、要介護度によって、受けられるサービスと受けられないものと分かれているものもあります。

サービスを受ける前に、介護事業所や、地域包括支援センターなどで相談をしておくと、サービスの情報なども教えてくれるので1度足を運んでみてはいかがでしょうか?

介護事業が最も重点を置いているのが、要介護者の健康なども大切ですが、介護者のストレス軽減なども考えてくれる為、利用できるものは利用し、悩みなどを相談できる場所をいくつか持ちましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ