赤ちゃんの耳垢

耳垢っとは、耳にたまる垢の事で、俗に「みみくそ」などとも言われています。

耳垢は、空気中から耳に入ったほこりやゴミ、耳の中の皮膚などが剥がれたものと、耳垢腺っと言うところから分泌された分泌物が混ざったものが耳垢として出てきます。

耳垢は、取った方が良いっと言う意見っと、取らない方が良いっと言う意見分かれていて今でも議論されていますが一般的には見える範囲の耳垢を取る人が多くいると思います。

赤ちゃんの耳垢は、お母さんのおなかの中にいたときの羊水などを含んでいることもあり湿っている事が多いです。

産後数ヶ月たつ頃には乾燥している耳垢か、ベタベタする耳垢か分かれてきます。

耳垢がベタベタしている事を心配する方もいるでしょうが、耳垢は、遺伝が原因の事が多く、両親のどちらかがベタベタした耳垢だと子供もベタベタした耳垢になる事があります。

ベタベタな耳垢では、なかなか、耳掃除が上手く出来ないっと言う場合には、耳鼻科を受診すると、耳垢を掃除してくれたりしますので、受診する事をお勧めします。

大人もですが、赤ちゃんの耳垢でも耳の病気が分かる事があります。

熱や耳の痛みがある場合などは中耳炎を、耳の臭いや耳の入り口にカサカサした膿が溜まっている、耳を触るだけでも痛がるなどの症状の場合は、外耳炎などが疑われます。

この様に、耳を毎日お風呂上りに見てあげる事で、耳の病気を初期のうちに発見してあげる事ができます。

赤ちゃんの耳垢 取り方

赤ちゃんの耳垢を取る場合、特に注意が必要なのが、乱暴な方法や、力をたっぷり入れて耳かきなどをしてはいけません。

特に外耳炎は、耳掃除の時に出来た耳の中の傷から細菌が入って炎症を起こす事で起きる病気です。

赤ちゃんだけでなく大人もなってしまう病気なので、決して力任せに耳かきをしたり、耳の奥まで耳かきをするのは避けましょう。

お家で、耳垢を取る場合、1日になんども耳あかを取る必要はありません。

優しく、麺棒などで耳の浅い部分を耳垢を取る事が大切です。

耳垢の臭いや色が気になる場合には、多少湿らせた麺棒で耳の浅い部分の耳垢を取ってあげれば十分です。

麺棒を耳の奥深くまで入れて掃除しようとすると子供が暴れたりして耳に傷が出来てしまう可能性もあるので、掃除する部分にも注意が必要です。

また、赤ちゃんの場合には、手や足をバタバタしてしまう事もあるので、体を抑えて耳かきをしてあげましょう。

赤ちゃんの耳垢でも心配な事があった場合には、医師に診察してもらいましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ