七五三とは

七五三とは、かなり古くからの日本の風習で、江戸時代の頃から行われていました。

江戸時代では、成長した子供達を社会に迎えるっと言う意味で、3歳、5歳、7歳の節目に行われていました。

江戸時代には武家が行っていた儀式でしたが、明治になり一般的にも儀式を行う様になりました。

数え年で、女子は、三歳、七歳で儀式を行い、男子は、五歳に晴れ着を着て氏神様に参拝します。

地域によっては、三歳で、女子、男子両方とも儀式を行う地域もあり、最近では、氏神様の参拝だけや、写真撮影しか行わない場合があります。

これも地域によっては、式場などを貸しきり、近親者や近隣の方などを招いてお祝いをする地域もあります。

昔は、晴れ着を着る風習でしたが、近年では、ドレスなどを着て写真撮影をしたり、着物をレンタルする事ができ、化粧などもスタジオで行ってくれるところが多くあります。

また、スタジオでは、メニューの中からなら、何度も衣装変えをさせてくれる所もあるので、楽しくお祝いする事ができます。

3,5,7歳の儀式

三歳の儀式では男女ともに「髪置の儀式」を行います。

子供の髪の毛全てが白髪になるまで長生きできる様にっと真っ白な綿帽子をかぶせたりします。

三歳女子の着物は、一般的にお宮参りの大名袖を普通袖にお仕立てしたものやつ三つ身、四つ身の着物に作り帯を結んだものを着せたりします。

事前に体に合う様に準備する必要があるので、近くの呉服屋さんなどに相談すると良いでしょう。

5歳の儀式では、男子の「袴儀の儀式」を行います。

この儀式は、男子が幼児から子供に成長したことをお祝いして行う儀式です。

五歳男子の祝着は、五つ紋付の長着、羽織に袴を着ます。

呉服屋さんなどで揃えなくても、貸し衣装を借りる事も出来るので、カッコいい袴を沢山の商品の中から選ぶ事ができます。

7歳の儀式では、大人になった事を喜び、大人の着る幅広の帯を締める儀式で「帯解の儀式」を行います。

7歳の女子が着る着物の帯を子供の頃に使っていた物から幅広の帯へと変え、帯結びをするのが基本です。

付け帯をつけることも多いですが、最近では着物ではなく、ドレスを着て写真を撮る事もあります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ