節電の夏 乗り切り方

2011年3月に起きた東日本大震災の影響で、福島原発の事故が大きな問題になり、2011年は、猛暑だったのにもかかわらず、多くの人が節電に努力しました。

2012年も、原発が全て停止している事や、電気料金の値上げで節電をしないとならない環境になるでしょう。

ここでは、猛暑になっても節電をしながら夏を乗り切る為の方法をいくつかご紹介します。

環境問題の観点からも、節電は大切な事なので是非、参考になさって下さい。

節電の夏 乗り切り方

節電をする為に、猛暑の中、冷房もつけずに熱中症などで死亡してしまう事故が夏は多くなっています。

節電をしすぎると、体を壊す原因になりますし、小さな子供や幼児のいる家庭や高齢者がいる家庭では、節電っと言っても、体温調節がうまくできない場合があり、脱水症状や熱中症になってしまう場合があるので、決して無理をせず、節電を行って下さい。

良く知られている節電方法では、「エアコン」の設定温度を何度か上げたり、エアコンを付けないっなんて方法もありますが、エアコンを使いながら節電する方法としては

□室内温度設定を何度か上げる(人間が快適に過ごせる室温は25度~28度)

□湿気をなくす(室温がいくら低くても湿気が100%では熱中症になる危険性が高まります。)

□エアコンの使い始めは強でいっきに室温を下げる(エアコンが最も電気を使う時は起動時で、その後もダラダラと強で室温を下げるよりはいっきに下げた方がのちの電気をくわなくなる。)

この様な事をするだけでも、節電になります。

エアコン以外にも冷蔵庫では、

□冷蔵庫の中に沢山の物を詰め込まない。

逆に冷凍庫の中には多くのものを詰めておくと良い。

□冷蔵庫の開閉時間を少なくして、冷気を逃がさないようにする。

□設定温度(弱、中、強)の強から中にする。

生ものなどを入れる場合には、凍っている保冷剤などを入れると良い。

□冷蔵庫と壁の隙間を1cm程度あける。

パソコンなどでも節電する事ができます。

□無償で利用する事ができる節電プログラムを活用する

□電源プランから「省電力」を選択して電力の消費をおさえる

他にも、コンセントなどを整理して、使わないコンセントは抜く、などを行うのも節電につながります。

上記以外にも、窓辺にすだれをかけたり、植物を育てて、直射日光を避けるなどをしても効果的です。

自分に出来る節電方法を行い、快適に夏を乗り切りましょう。

2012年の節電は昼間が問題?

2012年の節電で、最も問題なのは、主婦が最も多く家事を行う時間帯が1日の中で電気料金が高く設定されるっと報道されています。

昼間の家事を夜にするっとは言っても、掃除機を夜かけると、マンションなどでは近隣に迷惑がかかるので避けなければなりません。

そんな時は、朝、早く起きて、朝、ほとんどの家事を終える事が大切です。

夕飯の下ごしらえなども朝のうちに行っておけば、台所の電気をつけずすみます。

可能であれば、お昼頃は外出して、スーパーなどで涼んでいても良いでしょう。

そうはいかない場合、保冷剤や冷えピタなどを首に張っているだけでも体感温度を下げる事ができます。

家計に大きな影響がある電気料金、財布に大打撃にならない様に、様々な工夫が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ