赤ちゃんのミルクの選び方

赤ちゃんが毎日何度も飲むミルク、選び方が分からず悩んでいる方、是非参考にしてみて下さい。

産後、特に問題が無ければ、母乳で育てられる様に様々な工夫をされる方が多くいますが、薬を飲まなければならなかったり、乳首のトラブルなどで母乳を飲ませてあげられない時に役に立つのが粉ミルクです。

粉ミルクは多くの種類があり、産後、病院などで沢山紹介され、サンプルなどをもらう場合もあるでしょう。

なにか事情があり、病院でも粉ミルクを使用している場合には、特に問題が無ければ、病院で使用していた粉ミルクを使う事が望ましいです。

その理由は、何も分かっていない様で、新生児は、ミルクの味を覚えています。

突然ミルクを変える事で、味の違いに驚き、ミルクを飲まなくなってしまう場合もあります。

しかし、病院や産院で使っている粉ミルクは高額な粉ミルクな場合もあるので、その様な場合には、赤ちゃんに合う、家計にも安心な粉ミルクを探さなくてはなりません。

粉ミルクの種類は、6種類あるので配合されている成分などの一部をご紹介します。

□明治 ほほえみ:牛乳アレルギーの原因っと言われているβーラクトグロブリンが80%も低減されています。

母乳に入っているカルチニンが配合されていて、赤ちゃんの成長を助けてくれます。

850gで値段も2762円っとお手ごろです。

□雪印 ぴゅあ:各栄養素が母乳に近く配合されているミルクです。

体の成長を助けるアレルギニンが配合されています。

値段が2310円っとお手ごろで人気の粉ミルクです。

□森永 ドライミルクはぐくみ:母乳の初乳に多く含まれているラクトフェリンが配合されていて、腸内善玉菌を他社の粉ミルクよりも1種類多く配合しています。

値段が2730円っとお手ごろなミルクです。

□ビーンスターク すこやか:この粉ミルクには他社では配合されていないリボ核酸が配合されていて、記憶力の向上などに効果があるっと言われています。

820gで2730円っと若干量が少なくなっていますが、人気の粉ミルクです。

□和光堂レーベンスミルク はいはい:老舗メーカーが製造しているミルクで栄養素がバランスよく配合されています。

お湯を注いだ時に、すぐに粉が溶けだまにならないので使いやすい粉ミルクです。

850gで2415円っと昔から愛されてきた粉ミルクです。

□アイクレオバランスミルク:母乳の初乳に含まれているβーカロテンが配合されていて、DHAも配合されています。

他の栄養素もバランスよく配合されていて、赤ちゃんのウンチも母乳に近いものが出るっと評判です。

値段も2302円とそれほど高く無いのですが、安売りをする事も無いので、育児中のママからは高いミルクっと言われていますが、人気があり、多くの赤ちゃんが愛用しています。

他にも、アレルギーっを予防したい場合に特化した粉ミルクなどもあるので、味と配合されている成分からお気に入りの粉ミルクを選びましょう。

フォローアップミルク

フォローアップミルクとは、常に粉ミルクを飲む期間が終わり、離乳食を開始した赤ちゃんが飲むミルクです。

産まれてすぐに飲んでいたミルクよりは配合されている成分の量などは減りますが、その分離乳食で取ることが出来るので心配ありません。

しかし、通常の牛乳っとはまったく成分なども違うので、絶対に牛乳で代用したりしないで下さい。

一般的に、産まれてから使っていた粉ミルクと同じ種類のフォローアップミルクがあるので、その粉ミルクを使う方が多いです。

どのミルクを飲んでも様々な栄養素はバランスよく配合されているので、あとは乳児の口に合うものを選んであげましょう。

なかには、フォローアップミルクの味が気に入らず吐く事もある様ですが、大量に吐いてします場合以外は特に心配いりません。

他にも、アレルギーをもっている赤ちゃんの育児や離乳食レシピは大変な悩みですが、粉ミルクでは様々なアレルギー様の粉ミルクがあるのでアレルギーがある場合にはアレルギー物質を避けている粉ミルクを使う必要があります。

この粉ミルクには、離乳食のレシピを紹介してくれる冊子が着いてきたりするので参考になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ