入院 お見舞い

突然、知人が病気や交通事故、震災などで入院してしまい、お見舞いをどうしたら良いか迷った事が誰でも1度はあると思います。

その様な時、入院あされた原因などからお見舞いに適した品物、金額などをご紹介します。

一般的にお見舞いは、誰かが、入院された方のもとに行く事を指しますが、最近では手紙や金品、物品などに代えてお見舞いをするっと言う意味もあります。

□病気で入院された方のもとへのお見舞いのマナー
病気で入院された方のもとへお見舞いに行く場合、必ず気をつけていただきたい事は、入院された方の病状を確認し、病院の面会時間を確認する必要があります。

多くの病院では、患者さんの病状などに配慮し、決められた時間内の面会を厳守しています。

また、大勢で、病院に押しかける事も、細菌やウイルス感染、また、患者さんのストレスを考え多くの病院が禁止しているのでその様な細かい配慮が必要です。

病院にお見舞いの品を持っていく際にも、患者さんがどのような病気で入院しているかによってもっていく品物も考える必要があり、できれば、入院あれた患者さんの家族と連絡を取り合い都合の良い日にお見舞いに行くのが理想です。

特に注意が必要な品物は、「花」で、中には、アレルギーなどが原因で入院されている患者さんの配慮の為、生花の持ち込みを禁止している病院もあります。

お見舞金も、裸ではなく、袋に入れていく方がほとんどだと思いますが、お見舞い袋の水引は、白赤の結び切りか、あわじ結びを選ぶと良いですが、中には病気を伸ばすっと連想される方もいるので、付けないのが無難です。

金額も、知人や友人の場合、3000円~5000円程度が理想で、親族の場合には5000円~10000円が目安になります。

渡す金額は付き合いで高額でもかまいませんが、4と9の数字は避けて贈るのが一般的です。

□交通事故による入院された方へのお見舞いマナー
交通事故での入院の場合も、病気で入院されている方と変わらず、患者さんへのストレスをかけないよう、十分に配慮する必要があります。

また、交通事故で被害者だった場合、保険会社や警察、加害者親族のどがお見舞いや事故調査に来ている場合もあるので、お見舞いの時間帯は入院中の方の家族と必ず確認を行って下さい。

病気での入院と違って軽い怪我での入院であれば、お見舞いにお菓子を持っていっても喜ばれるでしょう。

□火事による入院された方へのお見舞いマナー
火事で怪我などをしてしまい入院してしまった知人がいる場合、まずは、先方が遠くなければ、駆けつけ、手伝える事をしましょう。

また、その際当面必要になるものを用意していくと喜ばれます。

大規模災害の場合には、まず安否確認を行って下さい。

その後、支援物資などの送付には送付先を自治体の対策本部などに問い合わせてから送りましょう。

お金は、ある程度落ち着いてから贈るのが理想で、その際、水引きの付いてない白い封筒で渡すのがマナーです。

お見舞いのお返し

病気や怪我から全快した際には、お見舞いを頂いた方やお世話になった方にお返し(快気祝い)を贈りましょう。

その際の品物は、頂いた金額や品物の半返しが理想ですが、お世話になった方などには気持ちばかりのお返しを送ります。

また、お返しなおを取り揃えているお店では、快気祝いの際に添える手紙や文例などからお見舞いにきてくれた方にあった文章を作って品物に添えて贈る事もできますし、手紙だけを発送する事もできる為、参考になさって下さい。

そして、快気祝いにも3つの種類があり、全快した場合には、「快気祝い」退院はしたものの、まだ通院が必要な場合は「快気内祝い」まだ入院中だがお返しをする場合には「お見舞いお礼」っとして贈ります。

品物を送る際には、二度と病気をしない様にと洗剤や使いきれるものを贈る事が望ましいとされています。

また、入院中に亡くなってしまった場合には、葬儀後1ヶ月程度で頂いたお見舞いのお礼を書いた手紙を出す事が望ましいです。

地域によっては、入院中にはお見舞いは持参せず、亡くなった場合、通夜の前にお見舞いを持参する地域もあり、その様な場合には、感謝の言葉を述べるだけでもかまいません。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ