財布の色で金運アップ

お金にとって財布はお家の様なもので、心地よい環境を作れば人間もお家に帰りたくなるのと一緒で、お金も、心地良い環境があればお財布の中にいたい!戻りたい!っと思うものです。

この人の財布に行きたいっとお金に思わせる為には心地よい環境(財布)作りが大切です。

そこで、お金にとって心地よい環境をご紹介したいと思います。

ます、財布選びの際に大切なのが、財布の色です。

財布の色でお金に最も好かれる色は「黄色」…黄色は、金の気を持っている為、財をもたらす効果があります。

やや黄土がかかった色の黄色が最も良く財布の中にお金が安定します。

しかし、ここで注意したのが、真っ黄色だと、金運が強くなる一方で、浪費癖が強くなるといわれているので注意しましょう。

他に、ゴールドもお金が好きな色ですが、ギャンブル好きの人には合わない色で浪費が激しくなります。

また、多くの男性がもつ黒色の財布は、基本的には、お金をためる力があり、ビジネスで成功したい人・お金を貯めたいっと言う方にはお勧めの色です。

女性で持っている事が多いピンクは、他人の力でお金が増える傾向があるので、自分の力にプラスっと思っている人にはお勧めの色です。

財布を選ぶ時には色がとっても大切で、上記の色が特にお勧めの色になります。

財布の形で分かる年収

財布の色のほかにも、形で金運が決まることもあります。

成功者や稼いでいろ人の多くは長財布を使っている事が多いですが、二つ折の財布には、金運を下げる効果があります。

二つ折の財布にお金を入れると、お金は中で二つに折られてしまい、窮屈な思いをします。

お金は少しでも早く外に出たいっと思うようになりお札がどんどん出ていってしまいます。

しかし、お札が出ていくと小銭は、開いた空間が広々使えるため、小銭だけが残っていきます。

人間が腰を曲げたままの体制で長々といれないのと同じでお金も同じ姿勢のままは辛いようです。

また、書店でも、稼いでいる人がなぜ長財布を持っているのか…っと言う本も出版されているほどで、財布の形にも気を配らなければなりません。

財布に必要な物・必要でない物

お財布には必要なものと必要でないものがあります。

特に、有名なのは、お財布の中にレシートやキャッシングカードを入れるのは絶対にしてはいけません。

レシートなどを入れておくと、お金が入るスペースが無くなってしまうので入れておかないほうが良いです。

しかし、仕事柄、レシートや領収書が必要な場合には、レシートや領収書専用の入れ物を用意する事が必要です。

また、キャッシングカードには、借金っと言う悪いイメージがあり、お金も、悪いイメージのする財布には入りたくありません。

キャッシングカードも別のカード入れなどに入れておくと良いでしょう。

小銭とお札を別財布にするのも大切で、小銭でパンパンの財布にはお札が入るスペースが無くなってしまうので別の方が良いんです。

また、お金は音にも反応します。

お財布に音色のきれいな鈴などをつけておくとお金が入ってきてくれるでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ