とうもろこしの栄養

とうもろこしは、イネ科の一年生植物で、多くの国で食べられている他、家畜の餌としての利用や、最近ではバイオエタノールとして様々な燃料としても多く利用されています。

トウモロコシの生産は、アメリカがもっと生産していて、ついで中国と国土の広い国が多く生産しています。

また、多くの国で、現在でもとうもろこしを主食として食べている地域が多くありますが、トウモロコシの栄養バランスが気になるところです。

とうもろこしは、高カロリーな野菜で、炭水化物やたんぱく質が多い野菜です。

他にもとうもろこしには、ビタミンb1・B2・葉酸・ミネラル・食物繊維が豊富で特にビタミンEが豊富に含まれています。

こんなに栄養バランスの良い野菜のとうもろこしですが、とうもろこしは収穫後半日から1日で、鮮度がグッと落ちてしまう野菜です。

収穫後は出来るだけ早く食べる事がお勧めですが、一般の家庭では鮮度の良いものを手に入れてもすぐに食べる事は出来ません。

そんなときは、保存する事ができます。保存方法は、生のまま保存する場合は、皮ごとラップに包んで野菜室に立てて保存する事が望ましいです。

また、ある程度保存する時には、とうもろこしを茹でて、良く水を切ってからラップに包み冷蔵庫に保存すればある程度は鮮度を落とさずに保てます。

そして食べるときは、胚芽も一緒に食べると、とうもろこしの栄養、ビタミンをしっかり摂取できます。

とうもろこしは、栄養も豊富で冷凍されたものなどを含めると1年中手に入れる事ができる食品なので多くのレシピがあります。

好きなレシピが見つかる事があると思いますので、とうもろこし嫌いな方は是非1度、様々なレシピを試してみて下さい。

更に、とうもろこしはラップに包んでレンジで温めると、茹でる手間が省ける為重宝されています。

レンジでの温め方は、すべての皮をむき、とうもろこしをしっかりラップで包み5分電子レンジで温めるただこれだけです。

そして、最近では、とうもろこしのお茶も市販で販売されていて多くの利用者がいます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ