タンポポ茶とは

タンポポ茶とは、タンポポ(ダンデライオン)キク科の植物で、タンポポの根を乾燥させて煎じてお茶にしたものがタからタンポポ茶と呼ばれています。

日本で目にするタンポポのほとんどは、海外から持ち込まれたもので、外来種のセイヨウタンポポです。

中国では、古来より漢方として利用されてきました。

最近では、お茶以外にも、タンポポの根は焙煎するとコーヒー風味となるため妊娠中の方や授乳中の方には、コーヒーの代用品として愛用されています。

タンポポの根は、マクロビオティックでいう陽性食品で、体を芯から温める力があるとも言われ、冷え性の方などにも愛用されています。

タンポポ茶 効果と効能

タンポポ茶には、ビタミン・鉄分・ミネラルを多く含んでいて、胃病全般に効果があります。

また、冷え性などにも効果があるので、冷え性の改善にも効果があるため、便秘にも効果が出る方もいらっしゃいます。

胃や肝臓機能の向上なども望め、利尿作用のも効果があります。

最近では、発毛や育毛のも効果があることが分かってきていて、女性だけでなく、男性にも愛用者が増えています。

また、タンポポ茶の利用者で一番多いのは、妊娠中や授乳中のお母さんや、不妊症に悩んでいる家庭でも飲まれている方が多く、特に、母乳の出が悪くって悩んでいるお母さんには絶大な人気があります。

母乳は、血液を原料に作られていますが、タンポポ茶を飲む事によって、血液が浄化され質の良い母乳が沢山作られます。

また、タンポポの根には性ホルモンのバランスを整える効果もあるようで、生理不順などにも効果があります。

タンポポ茶には、沢山の効能・効果がありますが、特に特徴的なのが、ノンカフェインなところです。

タンポポ茶・タンポポコーヒーは、カフェインが含まれていないので、妊娠中の方や、授乳中の方、コーヒーをなんらかの理由で飲めない方などにもとても人気があります。

最近では、人気芸能人の篠原涼子さんや辻希美さん、くわばたりえさんなどの人気芸能人も多く愛用していて彼女達のブログなどの影響でタンポポ茶を始めた方も多くいらっしゃいます。

タンポポ茶・コーヒーの作り方

①タンポポを根から引き抜きます。タンポポの根はとても長いので折れない様に注意しながら抜いて下さい。

②タンポポの根を水洗いし良く泥を落とします。

③根と茎・葉の部分を分けて、それぞれ天日干しします。

根は、根の色が少し変わるくらいまで乾燥させます。(タンポポコーヒーには根だけを使います。)

④乾燥させた根を細かく刻み、土鍋で煎ります。焦がさない様に注意しながらヘラでかき混ぜ、弱火で煎って下さい。

⑤根の色が茶色くなり、香りが出てきたら火を止めます。

⑥コーヒーミルに煎った根を入れて、粉にしたらお湯を注ぎ召し上がれます。

タンポポコーヒーは、冷めてくると苦味が増す場合があります。

特に苦味が苦手な方は、熱いうちに召し上がるのをお勧めします。

タンポポ茶・タンポポコーヒーを作るのは大変という方には、薬局などで販売しているタンポポ茶・タンポポコーヒーもお勧めです。

また、インターネットで購入することもできるので、気楽に始められると思います。

日本国内で栽培され、国内で加工されたタンポポ茶もあるため、安全面などが気になる方にはお勧めです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ