シナモンとは

シナモンとは、熱帯に生息するクスノキ科の常緑樹で、もっとも身近でポピュラーな香辛料の一種です。

原産地は、中国南部やベトナム、スリランカや南インドなどで作られていて、樹皮がスパイスとして、料理やお菓子、パンなどで多く利用されています。

また、最近では、テレビで特集され、一部の医師なども効能を認める健康食品としても愛用されています。

ニッキとも呼ばれていて、生薬として用いる場合は、桂皮(ケイヒ)と呼ばれています。

香りが強く、「スパイスの王様」と呼ばれています。

シナモン 効果と効能

シナモンの効果・効能でとても有名なものは、2003年アメリカ糖尿病協会でシナモンは糖尿病の治療に効果があるとする論文が学術誌に掲載されて大きな話題になりました。

シナモンには、血糖値や中性脂肪・コレステロール値などを下げる働きがあります。

鉄・カルシウム・亜鉛が豊富で、2010年4月には、日本テレビで報道された「世界で一番受けたい授業」でシナモンにより毛細血管の老化防止に効果がある事が報道され、更に大きな話題になりました。

シナモンには「Tie2」と言う、血管の外側と内側の細胞をつける役割の分子の活性化を促し、毛細血管の構造を安定させてくれる働きがあります。

毛細血管の老化を防止できれば、冷え性は元より、肌の衰えにも効果があり、シミ、シワ肌のたるみの防止にも効果だあります。

他にも、体を温める作用・解熱・鎮痛作用・風邪の諸症状・消化不良にも効果があります。

シナモンの食べ方

シナモンを食べる時は、料理やパンの上にのせたり、お菓子などに混ぜたりなど様々な使い方がありますが、特にお勧めなのは、温かいお茶として飲む事がお勧めです。

特に冷え性でお悩みの方に特にお勧めです。

また、ケーキやクッキー、ヨーグルトなどに使うのもお勧めですが、特に相性がいいのがりんごで、アップルシナモンティーの作り方をご紹介します。

①温めたティーポットに、紅茶のティーバック・シナモンスティック1本・いちょう切りにしたりんご2~3枚を入れ熱湯を注ぎ、約1分位蒸らします。

②蒸らした後、ティーバックとシナモンを取り出したら、カップにりんごと一緒に注いで召し上がります。

他にも様々な使い方がありますが、最近海外インターネットで、大量のシナモンを口に含む動画が沢山アップされていますが、とっても危険なので絶対に真似をしないようお願い致します。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ