お食い初め・100日祝い

お食い初めとは、正式には御百日祝いと呼ばれ、赤ちゃんが生後100日目または、110日目、120日目に行われる儀式の事を言いますが、、最近は、100日目に近い土曜日や日曜日に行う場合が多いようです。

個人差がありますが、赤ちゃんが生後100日目を過ぎたあたりから乳歯が生え始める時期になるので母乳やミルク以外の食べ物で「これから一生食べ物に困らないように」との願いを込めて、赤ちゃんに用意した食事を食べさせる真似をする儀式の事をお食い初め又は100日祝いの儀式を行います。

このお食い初めは、平安時代から行われていた儀式です。

お食い初めで用意する料理は、伝統的なもので言うと、一汁三菜の祝い膳を用意します。

鯛の尾頭つきの焼き魚・赤飯・焚き物・香の物・紅白の餅・お吸い物の他に、歯が一生涯強いものであるように、歯固め石を用意します。

関西地方では、歯固め石ではなく、タコを用意する場合もあり、地域ごとに供える物は確認が必要です。

また、歯固め石を用意する場合は、地元や近くの神社の境内から授かり、お食い初めの儀式が終わってから境内に返すのが古くからの習わしです。

祝い膳に使用する食器も、正式には漆器で高足の御膳を用意するのが習わしです。

また、器は、男女によって違って、男の子の場合は、内外ともに赤い色の食器を使い、女の子の場合は、外が黒色で内側が赤色のものを使います。

最近では、飲食店などでもお食い初めの儀式の料理を作ってくれたり、インターネットで料理・器を用意できるものもあります。

また、もっとも簡単に行うには、ミルクや母乳から離乳食への切り替えのきっかけとして離乳食を用意するものでもかまわないようです。

また、インターネット上では、尾頭つきの鯛では無く、たい焼きなどで、代用する方法もあり自宅で簡単にお食い初めの儀式を行える様になっています。

儀式の進め方としては、赤ちゃんに用意した祝い膳を食べさせる真似をする人は、親類の中で1番長寿な方が赤ちゃんを抱き食べさせる真似をさせます。

長寿な方が赤ちゃんに食べさせる真似をする事で、赤ちゃんも長寿にあやかる意味があります。

祝い膳を食べさせる真似をする順番としては、飯・汁物・飯・魚・飯の順に3回食べさせる真似をします。

その後、箸先を歯固め石やタコにチョンと付けて赤ちゃんの歯茎にそっとあてます。

お祝いを贈る・お返し

お食い初め・100日祝いにお呼ばれした場合、極々親しい親族のみで行う場合がほとんどですが、お祝いを用意する場合、今後絶対に必要になる離乳食で使う食器や関連商品・また洋服やオムツ、おもちゃなど、使われるものを贈ると喜ばれる事でしょう。

また、現金を包む場合は、一般的に5000円~1万円位が目安です。

ほとんどの儀式の場合、食事は両親が出す事が一般的な為、贈る品物も、食事の金額程度の物をご祝儀として贈る事が望ましいです。

また、お祝いを頂いた場合のお返しでは、一般的にお返しを用意する必要はありませんが、高額な物をもらった場合や高額な金額を包んで頂いた場合などは、頂いたものの半分程度のお菓子などを贈るのが良いでしょう。

また、式には出席されず、お祝いのみを頂いた場合なども同様で、後日、菓子折りなどを贈るのが望ましいです。

また、自宅などで儀式を行い、両親などから、祝い膳を購入していただいた場合や、料理作りを手伝ってもらった場合などには、食事に招待したりするだけでも良いでしょう。

あくまで、一般的な儀式で、無理に行う必要はありません。

産後のお母さんの体調や赤ちゃんの体調などと相談しながら儀式を行うのが望ましく、最近では固い風習にとらわれず、食事会などを行うだけの場合もあります。

地域やご家庭、体の状態により様々な儀式の行い方があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ