タオルのカビ

タオルとは、表側に、輪っかの細かい糸が出ている布の物で、吸水性や肌触りが良く作られています。

その為、使われる場所は、水周りが多く、一般的な家庭では、フェイスタオル・バスタオル・ハンドタオルなどが多く使われていますが、用途によって様々な商品が販売されています。

タオルはもともと、水分をふき取ったり、れをふき取ったりする為に販売されていますが、湿気が多い場所にタオルを置いておくと、タオルにもカビが繁殖する事があります。

タオルに繁殖するカビの種類は、黒カビが主で、タオルにポツポツと黒い点々が見えたり、なんだか、雑巾の様な臭いがする場合には、黒かびがタオルの中で繁殖している恐れがあります。

タオルのカビの繁殖する原因は、湿気が多い所にタオルを置きっぱなしにしてしまったり、水分や汚れをふき取ってからタオルをそのままにしてしまったり、洗濯機の洗濯槽が汚れたままだったりすると、タオルに黒カビが繁殖する原因になります。

タオルのカビ対処方法

タオルに繁殖してしまったカビの対処方法は、色々ありますが、特にお勧めなものをご紹介します。

まず、洗濯機の高数位までお風呂の残り湯を入れお酢をコップ1杯入れ半日タオルや嫌なにおいのする衣類を入れ付けおきます。

その後、通常通り洗濯機で洗いますが、カビが取れていなかったり、お酢のにおいが苦手な方は、薬局やホームセンターなどで、カビとり専用の洗剤が販売されていますのでご利用になるのもお勧めです。

また、色落ちが気にならないタオルの場合は、塩素系の漂白剤などを利用すれば、カビのほとんどが無くなります。

色落ちが気になるタオルや衣類の場合には、酸素系の漂白剤を利用すればある程度のカビは取れます。

タオルのカビで大切な事は、濡れたタオルをそのまま数時間も放置しない事。

湿気の強い場所(浴室)などに置きっぱなしにしない。

よく、日光にあて乾燥させる。

また、洗濯機の洗濯槽の掃除を月に1度は行う事が大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ