子供のおやつの時間

子供の間食に甘いものを与えている方は、多くいると思います。

しかし、おやつとは、元々、3度の食事を補う為に与えるものなので、甘いあやつを与えてしまうと、食事の時の食欲を減退させてしまう事があります。

また、糖分の消化には、ビタミンやカルシウムを多く必要とする為、糖分の取りすぎは、栄養バランスを崩し、好き嫌いの激しい子供にしてしまう事もあるんです。

特に子供の歯は、隙間が多く作られている為、大人よりも虫歯になりやすい為、特に3歳未満の幼児にはキャンディーや、チョコレートなどを与えない様気をつけましょう。

子供のおやつの与え方は、1回の量を与えすぎず、時間を決めて与えて下さい。

また甘いものはとりすぎずに、特に噛み応えのあるものが良いでしょう。

更に、買い食いをさせてしまうと、買い食いが癖なってしまうのでやめましょう。

ここで、特に注意したいのは、おやつを与える時間です。

3歳未満の乳児の場合は、10時と、3時の2回おやつを与えると良いでしょう。

また、3歳以上の場合は、3時に1度のおやつで十分です。

おやつは、食事のバランスを補う為に与えるので、栄養バランスを特に注意して与えて下さい。

また、おやつ後も、歯を磨き、歯の間に、食べ物のカスが溜まっていない事を特に注意してあげて下さい。

簡単に作れるおやつレシピ

簡単に作れるおやつレシピは、インターネットで、様々な食材や作り方から探す事が出来ます。

乳児や、子供の栄養を考えたものから、大人も美味しく食べれるおやつなど様々な種類があります。

また、雑誌や、本なども多く販売されている為、楽しく、簡単におやつを作る事が出来ます。

特にお勧めなのは、サツマイモなどを使ったおやつで、子供にも美味しく食べてもらえて栄養も豊富に含まれています。

乳児の場合には、プリンや、滑らかな喉越しのものがお勧めですが、特に注意しなくてはならないのは、乳児期のハチミツの摂取は、控えた方が良いといわれています。

乳児にハチミツを与えてしまうと、乳児ボツリヌス菌が発症してしまう場合があります。

特に生のままのハチミツには注意が必要です。

乳児には、与えられる食材が限られているので、市販の乳児用のおやつを活用するのも良いかもしれません。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ