たたみにカビが生えてしまう原因

たたみにカビが生えてしまう原因は、温度と湿度、酸素に養分が重要で、多くの場合、温度と湿度が原因だお言われています。

カビが生え易い状況は、室温20度から30度で、室温は、75%以上で畳にカビが生える条件になってしまっています。

主に、畳にカビが生えやすいケースとしては、梅雨・夏季が多湿・高温の年である場合、部屋の位置が風邪通しが悪い場合、部屋の日当たりが悪い場合、新しい畳の上に何か敷物をしてしまっている場合、などの原因で、畳にカビが生えてしまうケースが多い様です。

畳にすでにカビが生えてしまっている場合は、硬く絞ったタオルなどで、しっかり畳を拭いたり、換気の良い場所で、日光消毒も良いです。

また、市販で売られている消毒用エタノールなどを付けたタオルで畳を拭くと更に良いです。

畳を拭いたり、消毒をしたりする際には、天気が悪い日は避けて天気の良い日、更に午前中に行うか、エアコンのドライ機能を活用すると良いでしょう。

また、畳全面にカビが生えてしまった場合は、表面だけ拭いても裏面にまでカビが生えてしまっている可能性もあり不衛生な為、お近くの畳張替えを行ってくれる店舗などに相談をすれば、お金はかかりますが、張替えや、カビの対処法などを教えてくれます。

畳のカビ対策

畳にカビが生えない様に対策を事前に行っていれば、畳のカビが繁殖しにくい環境を作る事ができます。

まず、出来るだけ、室内に洗濯物を干さない様にして下さい。

また、天気の良い日は、風通しを良くするために、換気を充分に行って下さい。

雨の日は、エアコンの除湿機能や、ドライ機能を活用すると良いです。

また、時折、アルコール消毒や、お酢などでの消毒も行って下さい。

アルコール消毒や、お酢での消毒の際には、消毒後乾燥させる為に、風邪通しを良くして下さい。

更に、最近では、畳が生えずらい畳というものも販売されています。

なかなか、日中自宅に人がいないご家庭や、お仕事などがご多忙で消毒や、換気などが充分に行えないという方にお勧めです。 

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ