ドレスコードとは

ドレスコードとは、服装指定の事を指します。

ドレスコードの始まりは、周囲への配慮から始まった服装のエチケットで、時と場所、時間帯などに応じた身だしなみなどから、冠婚葬祭などでは『礼服・平服』とあり、更に、ホテルやレストランなどでも、ドレスコードの規定がある場合もあります。

特に、格式の高いレストランやホテルほど、靴やアクセサリーなどにまで細かな規定がある場合もあります。

結婚式でのドレスコードは、男性の場合、スーツを着用する事、ネクタイは白が望ましい。

ウェディングドレスが白の場合が多い為、参列者は、白以外の服を着る。

過度な露出は控えるなどのドレスコードがあります。

葬儀の際のドレスコードは、喪章を着用し、ネクタイは黒が良い。

過度な露出は避けるなどのドレスコードがあります。

宗教施設や、レストランや、ホテル、キャバクラなどでもドレスコードが守られていない場合は、入場規制されるので事前に調べておいた方が良いでしょう。

ドレスコード カジュアルについて

ドレスコードカジュアルと書いてある店舗や、招待状が来た場合、どの様な格好が望ましいのか、悩んでしまう方も多いと思います。

男性と女性で違うのですが、男性の場合は、ジーンズ以外の長ズボンに襟のあるシャツなどが望ましいです。

女性の場合は、ワンピースなどを着用していくのが望ましいです。

しかし、最近のOLさんの様な服装であれば問題はありません。

ドレスコード ビジネスカジュアルについて

ビジネスカジュアルを推進している企業や、オフィスでは、ドレスコードがあります。

特にアメリカの企業の場合には、スニーカーは、厳禁だったりと様々なビジネスカジュアルな装いがあります。

男性の場合は、スーツにネクタイは、付けていてもつけていなくっても構いませんが、普段着よりもかっちりめの服装が良いでしょう。

女性の場合は、派手ではないワンピースや、スーツが望ましいです。

特にこれという装いが無い為、少し困惑してしまう方もいるかもしれませんが、ドレスコード用のスーツを1着持っていれば、どんなシュチュエイションでも活用する事が出来ると思います。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ