キャンドルの作り方

キャンドル(ろうそく)は、様々なシュチュエーションで使われ、キャンドルの灯りや、香りは、身体や、脳のストレスを和らげる効果がある事は、すでに解明されています。

そこで、自分好みのキャンドルを作りたいって言う方の為に、手作りキャンドルの作り方をご紹介します。

まず、キャンドルを作るのに必要な物は、クレヨン・ろうそく・菜はし・たこ糸・お鍋・ろうがたれても大丈夫なもの(新聞など)容器・小さなガラス細工など…上記の準備が出来たら、まじ、ろうそくを溶かします。

ろうそくの溶かし方は、大きめのお鍋にお湯をはり、それより小さめの鍋にろうそくを入れて、湯せんをします。

湯せんでないと、ろうが発火したり、色が変わってしまう事もあるので必ず湯せんして下さい。

次は、溶けたろうに色をつけます!

溶けたろうの中に、クレヨンを入れます!少しずつクレヨンが溶けます。

次に、ろうの芯をキャンドルの容器に入れますが、まず、準備してあったタコ糸の真ん中あたりを割り箸の間で挟み、容器にたこ糸が真ん中にくるように置きます!

更に、様々なガラス細工を容器の下にひくととっても綺麗ですよ。

そして、溶けたろうそくをゆっくり、容器に流し込みます!

この時、真ん中のタコ糸がずれない様に気をつけましょう。

これで、簡単なキャンドルが出来上がります。

また、容器にろうを流し込んだあと、また、ガラス細工をピンセットなどで置きたい位置に入れると、すっごく綺麗なキャンドルが出来上がります。

是非、自分好みの可愛いキャンドルを作って見て下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ