爪 ネイルについて

爪とは、指の先にある皮膚の角質が硬化して板状の皮膚になった付属器官です。

爪は、血液の健康状態に影響され易く、爪の下には毛細血管が集中しています。

最近では、爪のケアーや、ネイルなどを施して身体装飾のファッションとしても爪は、注目を集めています。

ネイルアートには、決まったカテゴリーは無いものの、平面的なネイルアートをはじめ、立体ネイルアート、エアブラシアートなど様々な種類があります。

そして、ネイルケアでは、爪の表面の凸凹やルースキューティクルを処理したり痛んだ自爪と周辺の皮膚をケアしてくれます。

また、マニキュアで、爪の表面にマニキュア用の塗料を塗る方法、更に、付け爪という、人口爪を自爪の表面につめる方法があります。

付け爪の種類も沢山あり、ネイルチップという、人口爪をつける方法ですが、すでにデザインされたものを購入して、自分で、脱着出来るので人気があります。

また、スカルチップといって、樹脂素材を自爪の上につけるもので、スカルチップは、医療現場でも、爪の変形・変色してしまった爪に用いる事もあります。

様々な種類がある、ネイルですが、中には、爪カビ・爪水虫などが生えてしまう場合もあったり、過去には、接着剤で火傷をしてしまったなどの事例もあり、気をつけたいです。

最近では、ネイルショップなども多種多様で、ネイルチップのみを販売するお店や、ネイルチップを販売しながら、脱着をしてくれるお店や、爪のケアや、ネイルのみを専門に扱っているお店などもあります。

社会人の方などは、環境・仕事柄、ネイルなどが出来ない人には、ネイルチップがお勧めです。

また、爪カビや、水虫などが心配、自爪の上にネイルをしたい方などは、ネイル専門店などに来店される事をお勧めします。

量販店などでも、爪ケアに必要な道具が販売されていたりするので確認してみて下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ