日本文化について

日本の文化について、全般的に過去から現在への変化も調べてみました。

日本文化の特徴は、『和』という言葉があり、海外で用いられる洋(西欧)や漢(中国)同じ様に使われます。例えば、和服や和歌、和食などに代表されます。

また、『大和』という言葉が使われる事もあります。例えば、大和魂や、大和撫子などに代表されます。『大和』という言葉は、大和・飛鳥・奈良時代と時代などに使われた名前でもあり、今でも、奈良県には、大和路と言う道路があったり、地名があったりするんです。

そして、日本の文化で、外せないのが、宗教です。

日本ほど、沢山の神様がいる国は珍しいようです。

古くは、陰陽五行を極めた陰陽師が代表的ですが、キリスト教や、様々な海外の宗教は勿論の事、江戸時代のには、多くの神様を祭る神社や、お寺などが多く立てられ、江戸では、住んでいる地域で、崇める神様が違うという事もあった様です。

そして、現在では、その信仰をお祭りなどにする祭礼や、武道、農業、林業、水産業建築業、正月、七五三など様々な分野で影響しています。

また、宗教は、時代を大きく変えるほどの力を持っていたとされています。

代表的な事例では、江戸時代に、祈祷師などと、政策などを議論する場合もあったとか…

また、東日本大地震の際には、海外のメディアに、日本人の秩序ある行動が賞賛されました。

更に、礼儀正しい姿勢なども、とても賞賛されています。

この様な、礼儀なども、宗教と関わって来たと言う事で、海外からは一目置かれる存在なのは、確かです。

そして、現在、日本食の、寿司、醤油、すき焼きなどは、海外で、店舗展開が出来る程愛され、様々な国の多くの人の舌を唸らせてきました。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ